FC2ブログ

俺の黒猫がこんなに(略)。

…介錯先生の描く裸のティエリアが無駄に可愛いんですがどうしたらいいんでしょうか。
詳しくは今月発売のガンダムエースにて。

お疲れ様です。
高崎です。
あと、アニメ・漫画界における神の一人であらせられる安彦神の「ガンダム・ジ・オリジン」が佳境に。
ア・バオア・クーのラストシューティング。
最終回へのカウントダウンが、遂に始まった感じです。

さて。
年の瀬ですね。
私には世間様の時勢とかあんまり関係なさそうですが、アニメの1クールが終わったことは理解できます。
今期は何だか、特に意識しなくても色々見てた気がします。
面白かったんでしょうね、きっと。

「百花繚乱」。
多分企画関係者に戦国オタクがいるに違いないから、燃える展開を期待してました。
何故だかラストがドラゴンボール的な戦闘になってしまったのが残念ですが、歴史ネタ的にマイナーな後藤又兵衛や柳生義仙らを中心に使ったのは、面白い試みだったと思います。
天草四郎とか出てきてたので、もしかしたら「魔界転生」みたいなのにしたかったのかな?
何にせよ、義仙がエロかったのでオールオッケーです。

「パン&スト」。
ニコニコ動画で見てるので、まだ最終回まで見てませんが、スタッフのロックンロールな精神に乾杯です。
DVDとサントラ、買っちゃいました。

「俺妹」。
作品的には大成功ですね。
絵も綺麗だったし、お話も面白かったし。
……でも、難しいですね、小説も映像化するのって。
原作読んでると、誰もがみんなそれぞれ、「ここだ」っていう心揺さぶられるポイントがあると思うのですよ。
台詞であったり、なんでもない雰囲気であったり、さらには行間であったり。
(某都知事の書いた駄作には、残念ながらどこにもありませんでしたが。)
最大公約数としての、そのポイントを押さえつつ、1クールにおさまるように構成するのが、上手く「原作らしいアニメ」を作るコツだと思うのですが…きっとそれが難しいんでしょうね。
みんながみんなそうだと思う、その「原作らしさ」のポイントなら、それで押さえられるんでしょうけども。
それぞれ各人の、「ここが好きなんだよね」という、コダワリのポイントまでは、フォローしきれないのが、原作つきアニメの弱点なんじゃないのかな、と思うわけです。
個人的には、ここの下りあってこその、とか思ってても、それは個人の好みの問題ですからね。
「小説を読む」という行為が「原作→ユーザー」なのに対して、「原作つきのアニメを見る」という行為は「原作→クリエイター→ユーザー」のように間にフィルターが挟まるわけですから、結果印象が変わっても、当たり前といえば当たり前なんですが。

や、別にそういうメディアミックス的な原作つきアニメを批判してるわけじゃありません。
小説は小説、アニメはアニメ、漫画は漫画。
それぞれがそれぞれに、別個に完成された作品だと言いたいわけです。
何が上とか下とかじゃなくて。

ただ。
もうちょっと黒猫を。
黒猫の出番を。

って思うのは自由ですよね。
原作三巻以降、最新七巻に到るまでの、あの黒猫無双っぷりが、ほとんどアニメにならないなんて。
残念で仕方ありません。

…まあ、あの通りやったら下手するとタイトルが「俺の黒猫がこんなに~(略)」になってしまいかねないですし、それこそ私の勝手なコダワリポイントなわけですが。

でも悔しいので、最新七巻登場の、白猫化した黒猫を落書いて晒します。
rakugaki-3
…何か似ない。
原作小説の挿絵は超可愛いので、未見の方は是非。




…こんなのが今年最後の更新にならないといいなあ…。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR