FC2ブログ

金木犀の秋。

コンテ作業中なう。
…どうして睡眠も削って頑張ってるのに、ちっとも片付かないんでしょう。
いやまあ、お仕事がたくさんあるのは、この不景気の中本当にありがたいことですが。

さて。
もういつの間にか十月です。
秋真っ盛りです。
そういう言い回しがあるのかどうか知りませんが。
散歩などしてると、どこからか香る、金木犀の花。
この季節の風物詩なんじゃないでしょうか。
人によってはトイレの芳香剤の香りを連想するそうですが、私はこの香り、大好きです。
写真とか撮ってこようとも思ったのですが、
朝から他所様のお宅のお庭にカメラ向けてたら、確実に通報されます。
そもそもどこのお宅の金木犀か、よくわかりませんし。

嗅覚は、記憶と密接に関わりがあるそうで。
パブロフの犬じゃないですけど、それぞれの匂いとそれぞれの記憶は、反射レベルで直結してしまうものなのだそうですね。
私の大好きな作家さんの久世光彦氏も、金木犀の香りをかぐと、必ず幼い頃住んでいた家の、薄暗い廊下に掛かった、昭和天皇の肖像(当時は「御真影」と言ったそうですが)を思い出すとのこと。
作品『陛下』の中でも、このエピソードを使っています。
他にも『早く昔になればいい』中でも、初恋の狂女「しーちゃん」の思い出は濃密な匂いの描写も多く、この久世先生、匂い=記憶、の関係に重きをおいてるのかも知れません。

閑話休題、金木犀の話でした。
私にとっての金木犀は、片想いの記憶です。
中学生くらいの頃、たまたま一緒に帰った女の子、彼女の言動何もかもが気になって、でも何でもないような会話しか出来なくて。
そんな夕暮れの帰り道に微かに香る金木犀。
そんな昔の自分が微笑ましくて、少し寂しくて。

だからこそ、今も金木犀が、大好きです。

…って、何だこれ。
いつから私のブログ、こんな
エセ文学風エッセイ
に。
直木賞作家系な風を装ってるところがまた、軽くイラッとしますね。

……疲れてるのかも知れません。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR