FC2ブログ

オーズ初期考察。

そういえばあんまりオーズの話題、してませんでした。
ガンダムや戦隊ヒーローみたいなブランド力の強いシリーズにはよくある話ですが、前作にハマりすぎると新作で楽しめなくなる人が多いようで。
かくいう私も、ターンエーの魅力にとりつかれてシードの空気になかなか馴染めなかったり、シンケンジャーが面白すぎてゴセイジャーはあんまりハマれてなかったり。
まあ慣れればそれぞれ固有の楽しみ方がわかるものなんですけどもね。

そんな前振りをしつつの仮面ライダーオーズですが。
…Wに引き続き、ドップリハマっております。
まず、龍騎大好きな私としては、小林さん脚本の丁寧な人物描写が魅力です。
わかりやすく、かつ象徴的な台詞回しは、クリエイターの底辺あたりの人間にとっては本当に勉強になります。

主人公の火野くんも、なかなかありそうでなかった主人公像。
なりふりかまわず目の前で困ってる人を助けたい。
そういう、所謂「ヒーロー」な姿なのは確かですが、彼の場合そうなるに至った「何か」があるようで。
その何かに突き動かされての強迫的な姿が見え隠れしていて。
結果、彼の英雄的行為が、酷く危うい自己犠牲にように思われます。
まるで、助けたい「みんな」の中に、火野くん自身はいないかのようで。
そういう彼自身が、アンクとのコンビの中でどう救われていくのか、みたいなところにも注目していきたいですね。

そして、まだちょっとわからないのが、グリードとコアメダルのあたりの設定。
セルメダルを核にして人間の欲望を纏ったのが、所謂「下級怪人」の「ヤミー」。
コアメダルを核にしてセルメダルを纏ったのが、所謂「幹部怪人」の「グリード」。

でも、一話あたりでグリードの誰かが発していた「コアメダルが足りない」の言。
そして今回四話で、グリード・カザリから奪った二枚のコアメダル。
要するにグリードの核になってるのは、それぞれ昆虫や猫科動物など、同系統の動物のコアメダルたくさん、ということが判明しました。

そうなると現状では「グリード自身がまだ保有してないコアメダル」がたくさんあるわけで。
それらはまた別の「グリード」として復活したりはしないんでしょうか。
たとえば、アンクのメダル大部分を保有したアンク以上にアンクらしいグリードとか。

そうならないならば。
コアメダルの中心に、さらに核となる、各グリードの魂的なものがあることになります。
メダル争奪戦よりも、こっちをなんとかしないと、いつまでたっても終わらない気がしますね。
…あ、その「魂的な何か」自体をを封印してたのが、一話の石棺なんでしょうか。
…棺の鍵を使うオーズ自身が、もしかして「棺」になっていくとか…?

こんな妄想が止まりません。
ここはやはり私も、「DXオーズドライバー」を買ってくるべきなんでしょうか…。
超高いですけども。

追記。
水棲系グリード・メズールの声が、好きでたまりません。
ググってみたら「劇場版Zガンダム」の「フォウ・ムラサメ」とか、「コードギアス」の「C.C」とかやってる方でした。
……好みなはずです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR