FC2ブログ

「エムエムマテリアルズ」販促その1

はいどうも。
単行本が発売されるたびに、毎回恒例になっております、収録作等単行本の裏話のコーナーでございます。
こういうものって単行本のおまけページとかに入れておくべきなのかもしれませんが、そこはまあ、ページ単価ですとか歩留りのこととか考えると、なかなか本体には収録しにくいものでして。
…売れてる作家さんですと、ばーっと大量に刷って細かい数字は気にならなくなる売り上げがあるんでしょうけれども…そこは所詮高崎たけまるですから。

そんなわけで、これから発売日に向けて何回か続けて、この販促兼解説的な話題をさせていただきましょう。

ではまず収録順に、「あの子はマッドサイエンティスト♪」前後編から参りましょう。
mmm-ch1-1re.jpg
無印の「あの子は~」は、校内というか地域一体で有名なマッドな科学者少女に拉致されて、新薬の実験台にされる♂、というお話。
ドMホイホイな漫画の多い今回の単行本の中でも代表的な一本ですね。
ここでいう「科学」は、きちんと化学や生物学、物理学、機械工学など、きちんとした細かい分野の先端にあるスペシャリストを指すのではなく、「Dr.ス○ンプ」や「キ○レツ大百科」など、昭和の漫画における大雑把な「科学者」です。
なので怪ロボットも謎生物も、不思議薬品も、インスピレーションのままに発明致します。
迷惑なことに。

なので、欲を言えばもう何本か続けて、謎ロボットや謎触手を発明する展開とかもできたらよかったかもしれません。
ドクターマ○リトみたいなライバルキャラが出てきてもよかったかもしれません。
…いずれにしても被害に遭うのは、この♂主人公氏なのでしょうけれども。

プレイ内容としては、拘束されてちんちんに色々される、というM男子向けプレイ。
多分当人が発明したと思われるロボットアームの活躍で、恥ずかしい拘束がお手軽にできてしまうのもいい所です(?)。

さてお次。
「あの子は~えくすとら」です。
mmm-ch1-2.jpg
前回のネタの続きを、ということで無理矢理捻り出した回でした。
全く別の発明に逃げるんじゃなくて、あの薬品系の延長で、というコンセプトでしたので、非常に悩みながら出した答えが「TSもの」。
所謂「女体化もの」というジャンルでした。
幸いこの作品の♂主人公、わりと女々しい系男子でしたから、言葉遣いとかもそのままで女の子に変身しても違和感なくて助かりました。
ちっちゃいちんちんが残ったまま、という展開は、本当は「クスリの効き目が遅い」という一幕が欲しかった名残りです。
元々は、「女体化した♂主人公を伴って、女子の制服を着せて校内でーと」という流れを入れ、♂主人公には羞恥プレイ、♀主人公には、意外と女の子らしくデートに浮かれてしまう一面を、とか画策してたのですが…ページ数が全く足りず。
仕方ないのでそのまま後半の展開とつないだらアラ不思議。
TSものというよりもフタナリものに早変わりです。
…どうしてこうなった。

ですが。
女の子にされて、女の子から犯される、っていうシチュエーションって、実はM男子的にはかなりクる展開なのかな、と、描きながら気がついたものでした。
男の尊厳を台無しにする、ってのもまた、精神的なSプレイなのかな、と思えたのは、このお話からの収穫でした。

…?
…収穫…なんでしょうか…?

さいごにおまけ。
mmm-ch1-3.jpg
アシさんに指示出す時に使った、怪ロボット等発明品の設定です。
ロボットは、赤い一本ツノのヤツが司令機。
ユーザーは赤いのに大雑把な命令を出しておくと、彼が自分で考えて緑の量産機に個別の詳細な作業を指示します。
二本ツノの機体は戦闘特化。
「ハリケーン・ナントカー」という音声と共に、頭から突撃します。
トサカの機体は防衛特化。
攻めて来た的に対し、頭のトサカを飛ばして応戦します。
赤と銀のカラーリング。

…別にモチーフとかはありませんよ?

それ以下の謎生命体等は、背景に描くならこんなのを、という参考に。
が、その時期バージェスモンスターのキモ可愛さにハマったアシさん、そればっか描いてきて、背景の標本等が大変キモいことに。
まあ面白いからいいですけど。

さて本日はこんなところでしょうか。
解説は次回に続きます。
また明日か明後日くらいにー。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR