FC2ブログ

たんけん・はっけん・ぼくのまち。

どうも高崎ですよ。
…久々に大きなやつ、来ましたね。
熊本、及び周辺地域の皆様におかれましては、謹んでお見舞い申し上げます。

マグニチュード6.5、震度7クラスだそうで、同地域では観測史上最大級の地震だったとか。
しかも、余震の規模が異常な大きさ。
ひとつひとつが阪神淡路の時のものと同等だとか。
…ちょっと想像に余る恐ろしさです。

不幸中の幸いだったのは、内陸なので津波が連動しなかったことでしょうか。
そうは言っても橋や道路の崩落で山間部での孤立地域も多く出てしまっているとか。
九州は今夜から雨が降り始める予報だそうで。
二次、三次被害の拡大が心配です。

どうかどうか、少しでもマシな状況に落ち着きますよう、お祈り致します。

…が。
私のような直接関わりのない人間までがお通夜ムードになってしまうのは、よくありません。
粛々といつものようにきちんとお仕事して経済を回し、馬鹿馬鹿しい漫画を世に送り出して、少しでも楽しい空気を作るのが私たち無事な人間の使命です。

というわけで、今日は我が家の近所の変人三巨頭についてお話致しましょう。

さて。
この街に引っ越してきて一年とちょっと経ちました。
当初から私のような貧乏人が集まる町ですので、治安やらの面でやや怪しいところもありまして。
友人からはマッドタウンと言われておりました。
そんな町ですので、ちょっと変わった人も多くいらっしゃって、色々寛容というか、懐の広い町だなあ、と思っておりました。
や、別に揶揄するわけじゃなく、このピリピリした時代におおらかでいいなあ、という意味ですよ、念のため。

そんな愛すべきわが町にて、よく見かける特にキャラの立った三人を、ご紹介致します。
以前の日記で一部紹介した気も致しますが、本日はそのまとめと新規キャラの参戦、とでも思って頂ければと思います。

まず一人目は猫追いおじさん
ある晴れた日曜日の朝、私の住むマンションの向かいの公園奥にて、大きな怒声が。
窓から見下ろすと、50絡まりのおじさんが長い竹製のモノサシを振り回し、何事か叫びながら猫を追い回している模様。
どうやら一階に住むおじさん宅、いい陽気で窓を全開にしてほったらかしにしてたところ、野良猫が部屋に上がりこんできたのが癇に障ったようで。
凄い勢いで猫を追い回し、ばんばん叩く叩く。
文字だけで見ると、「サザエさん」とか「天才バカボン」とかにありそうなコミカルな場面ですが。
実際リアルに目にすると、なかなかのショッキングな映像でした。
小動物にマジギレする大人、という存在もショッキングですね。
ちなみにその後も野良猫は、懲りずに何度もおじさん宅に侵入し。
その都度「ギニャー!?」と叩かれております。
…おじさんも網戸とか閉めればいいのに。

二人目はびしょびしょおじさん
この人は我が家の前の通りを、雨のしとしと降る朝には時々見かけます。
そんな霧雨の朝、大体6時過ぎくらいになると、そのおじさんは雨の中傘も差さずに全身びしょびしょで。
両手を上に挙げて、
「ワアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
と、程よくうるさい声を響かせつつ、前の通りを疾走します。
遠くに消えてゆくおじさんの声。
そしてまたしばらくすると、おんなじ通りを、
「ワアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
と、もう一周。
雨の日は、そんなおじさんの声で目覚めます。
そんな若干迷惑なおじさんですが、夏休みや冬休みなど、子供が自由な時間の多い時期は、滅多に姿を見せません。
自分でも教育上よろしくないと気付いているのか、それとも悪気なく無限に絡んでくる悪ガキが怖いのか。
実際のところは不明です。

そして三人目、魔法使いのおばさん
先ほどびしょびしょおじさんが疾走すると言った通りですが。
夜9時頃になると決まって、こつこつこつ、とやや自己主張の強いハイヒールを響かせて歩いてくる人がおりました。
でもまあ、ただのハイヒールですし、特に気にすることもなく、その姿を見ようとも思わなかったわけです。
…つい先日までは。
その日は、いつもよりやや遅いタイミングでスーパーに買い物に出ておりました。
缶コーヒーを飲みながら帰って来ていたので、空き缶を捨てようと、前の通りに回り込んだその時。
正面の暗がりから近づいてくる、いつものハイヒール。
空き缶を自販機横のゴミ箱に捨てながら、何気なくその音の主を見ると。
闇の中から自販機の明かりの中に現れたのは、真っ黒なマント。
そして大きな帽子。
謎のごっついトランク。
…ああ、これ見たことあります。
「ハリー・ポッター」の魔術学校の衣装とそっくりでした。
ただ、それを見事に着こなしているのは、眼鏡の少年ではなく。
妙齢のほどよく太ったおばさんでした。
時間も、いつも通り。
ということはつまり…毎日聞いていたあの足音は、この魔法使いのおばさんが、どこからか帰ってくる足音だったということ。
いや、今から魔法学校に行くところなのかもしれませんが。
どっちにしてもちょっとぞくっとした私、住宅街に消えてゆくおばさんを無言で見送りました。

以上が、わが町が誇る変な人三人です。
…もしかしたら近所の人たちからすると、私も「平日の昼間からふらふらしてる怪しい人」に含まれて、「変人四天王」とか呼ばれてるかもしれませんけれども。

北関東のどこかに、こんな怪しい連中が集う怪しい町があるんだな、と、ちょっとでも面白がってもらえたら幸いです。
いや実際は、ここに書けないレベルの人もちょいちょいいるので、笑えない部分もあるのですが。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR