FC2ブログ

古き良き。

どうも高崎ですよ。
コミケ直前、というか今日からコミケ自体はもう始まっているんですが…私は当日もどうせギリギリまでお仕事なので、通常運転で更新して参りましょう。

さて。
前回の更新で申し上げた通り、我が家にSDガンダムのジャンクパーツが山ほどやって参りました。
そんなわけで通常業務の合間にちょこちょこと、古いガンプラ、初期のBB戦士をサルベージするのが、ここ最近の唯一の楽しみです。
…おかげで新規で購入していくガンプラは、どんどん積まれていくわけですが。

それはともかく、前回途中だったキットが完成いたしましたので、公開することに致します。
CIMG0694.jpg
はいこちら。
仮に付けておいたケンタウロスの飾りの前垂れ、整形が済んだので塗装致しました。
CIMG0695.jpg
馬のお尻のほうにも同じようなのが巻いてあったので、そちらも自作。
私の中では、当時の武者Zは、「元祖SDガンダム」シリーズの豪華なケンタウロス形態が印象に残っておりますので、この300円の旧キットの味を残したまま、そっちのテイストも入れ込みたい、という希望があって。
でも、やりすぎるとダメです。
ただ単に「格好良くしたい」だと、最近のレジェンドBB買ってきて、そっちをベースに本気で改造したほうがいいことになってしまいます。
あくまでもメインは「当時のキット」なので、その範疇を出ないという縛りで制作して参ろうかと思っております。
そういう楽しみ方です。
…や、わりと忙しいので、本格的な改造とかしてる時間がない、っていう事情もあるにはありますけども。

今回のこだわりどころは、兜の吹き返し部分(兜の左右の盾みたいなやつ)の模様でしょうか。
ここのデザインって、BB戦士だけ龍の意匠の模様が描かれていて、それが格好良かったんですが…シールを貼って表現するのが前提だったみたいで。
今回サルベージキットの大半は古いシールなんか劣化して残ってませんので、当時の箱絵を画像検索して、それを見ながら自分で描きました。
細かくて超大変でした。

それから、自作パーツの素材で、ちょっと面白いことに挑戦しております。
ケンタウロス形態の前垂れの自作パーツ、これ実は市販のプラ板じゃなくて、ペットボトル製なんです。
薄いパーツなので普通の薄いプラ板だと、強度が心配だったので、試験的にペット板を使用してみることにしました。
通常形態とケンタウロス形態の組み換えのたびに負担がかかりそうでしたしね。

加工は非常に簡単です。
その辺で売ってる普通のハサミでちょきちょき切れますし、曲げても捻っても折れません。
ヤスリがけすると繊維の関係で、普通のプラ板より若干ケバ立ちますが、そこそこ細かい目の紙ヤスリで仕上げてあげればマット感のあるいい感じの表面に落ち着きます。
私はツヤ消しで塗装することが多いので、そういう意味でも相性のいい素材なんでしょうか。
問題は私の愛用している、タミヤのアクリルでの塗装が可能かどうかだったのですが、取り敢えず表面を紙ヤスリで処理してから筆塗りしたところ、問題なく。
乾いた後も、ちょっと曲げたりしたくらいではパラパラ剥がれたりはしないようなので、これは今後の改造パーツの自作に、大いに役立ってくれそうな気配です。
長期に保管して劣化しないかどうかが心配ですが、その辺も含め経過を観察してゆこうかと思っております。

そして。
次です。
武者ガンダム、武者ν、武者Zと作ってきましたので、ここは順当にいくと武者マークⅡか武者zzを制作して、「武者五人衆」を揃えるのが正解なところですが…
CIMG0699.jpg
現在制作に着手したのは、武者サイコ、武者ノーマルを含めた「七人衆」の七番目、「農丸(ノーマル)」です。
だって、ジャンクパーツの中から発掘しただけじゃなく、開封してない新品のキットまで、箱ごと発掘されたんですもの。
二体あるなら農丸のもう一つの姿、「隠密ガンダム」も作ってしまおう、と考えたわけですよ。

まずは武者形態。
キットでは省略されていたモールドや飾りをちょこちょこ追加して完成。
あとは塗装するだけです。
…手抜きじゃないですよ?
他のキットもこの程度の手入れで、当時のキットの出来のよさに感動できるんですから。

そして問題の「隠密ガンダム」形態。
こちら、「武者農丸」のキットに換装パーツが付属しているんですが…こちら何ともやっつけ感の強い出来で。
鎖帷子の頭巾パーツもサイズが若干ちぐはぐだったり、腕のパーツも設定とは違ってたり。
仕方がないので、旧キットの範疇を出ない範囲で改造致します。
CIMG0698.jpg
…小学生の雑な塗装を剥がしたので、少々顔が汚いですがご容赦下さい。
モールドがぼんやりしていた頭巾の鉢金(額のあたり)は、ジャンクの中に何故か沢山眠っていた、№66「ガンダム副将軍」のカブトから移植して整形。
眼帯も一緒に持ってきてくっつけておきます。
眼帯が若干目から浮いてしまいますが、そもそも変装用の眼帯なので、別にいいかな、と。
フェイス部分にも頬当て部にダクトを足して、ちょっとNT-1っぽい感じ。

肩パーツと一体成型にされていた腕装甲は、分離して腕に接着予定。
肩にもダクトとかあったほうがNT-1っぽいかな、と思って足しましたが…これは何か違う気が。
別のに差し替えるかもしれません。

余計な可動は追加するとプロポーションが崩れる危険があるので、余計なことはしないようにしてましたが、隠密ガンダムは忍者キャラなので、逆手で刀を構える都合から、右腕にだけ可動部分を仕込みました。

そんなところです。
これを、今後少しずつ暇を見つけて塗装してゆくわけですね。
一ヶ月に一体ずつくらいのペースで完成できたらいいなあ…とは思ってますが…どうなることやら。

…そして、ここでジャンクパーツを全て調べ終わった私に、衝撃の事実が。
6人目の「武者サイコ」が一体もいない。
え?
嘘でしょ?
私何度か作った記憶ありますよ?
カブト両脇の角のメッキパーツの格好良さ、いまだに鮮明に思い出せますよ?
サイコガンダムモチーフなのに300円キットだから意外とちっちゃくて可愛いの、しっかり覚えてますよ?

仕方ないので購入してこようと思ったのですが…何ですと、武者サイコ、絶版になってたんですか…?
武者サイコが同梱されてる「巨山のサイコ」も、滅多に再販されてないらしく…これもほぼ入手不可能とのこと。
なんてこった、マジどうしよう…。

ネットではもう手に入らないと思うので、今後しばらく根気よく、地元の模型店を探し回ってみることに致します。
最悪、他の6人が揃った時点でもどうにもならなかった場合…
ジャンクパーツでイチから自作します。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR