FC2ブログ

使徒、襲来。

どうも高崎ですよ。
またご無沙汰しております。
決してブログの更新するのが嫌なわけじゃありませんよ。
ただ、すっかり忘れてただけのことです。
仕事が遅くって、全く余裕がないんですもの…。

さて。
本日2015年6月22日。

どうやら「新世紀エヴァンゲリオン」において箱根に第三使徒が襲来した日、つまり第一話開始の日だったそうで。
放送されていた当時は「2015年」なんてずっと未来のお話だと思っていたんですが…何か毎日真面目に働いて普通に歳をとってゆくと、順当にやってくるものなんですね、その未来とやらも。
幸いにしてセカンドインパクトで海が真っ赤になっちゃってたり(新劇場版)首都が水没するから箱根に遷都したりしてはいませんでしたので、我々は今、使徒が襲来する未来とは別の世界線を歩んでいるようです。

放送当時、私は学生で、シンジくんたちとほぼ同年代でした。
だからこそあの青い物語に揺さぶられ、いわゆる「オタク文化」を知ることになり、大学生になってこっちの道を認識し、のちに脱サラして漫画描きになる、という人生の分岐点となったわけです。

そんな私の人生の道標、エヴァ。
新劇場版でリメイクされる頃には、私たちはミサトさんたちと同年代になっておりました。
TV版当時、「大人気ないなーこいつら」と思っていた「大人」って、意外とまあそんなもんだよな、と実感できる立場に。
当時あれだけ感動した作品も、大人になると幾分冷静に視聴出来、色々分析したり思うところもあったり致しましたが、ある一つの「最高のエンターテイメント」であることには変わりがありませんでした。

「マジンガーZ」や「ヤマト」、そして「ガンダム」。
ロボットアニメは時代を象徴する記念碑になります。
TV版放送から約20年、私たちの人生を揺さぶった「エヴァ」もまた、そんな揺るがぬ石になったことが、嬉しくもあり。
また、そういう「語られる過去」になってしまいつつあることが、ちょっと寂しくもあります。

庵野監督は「新劇場版Q」で、エヴァに固執する古いファンたちとエヴァパイロットを重ね合わせて「いつまでも子供な呪われた者」として揶揄しました。
しかし、現実問題、そんな人間はいません。
そんなことが可能な人間は、アニメの中だけです。
皆、なんだかんだと大人になるし、現実と折り合いをつけて生きてきてます。

それが、そういう大人な自分が寂しくて、エヴァという思春期を通して夢中になった作品が、ただの消費し尽された過去のコンテンツに成り下がるのが嫌で、一生懸命少年時代に戻ろうとしているんです。
子供の頃、難なく飛べた飛び箱や、難なく回れた逆上がり。
それがもう出来なくなってるなんて、寂しすぎるから。
だから大人になってもカラダを維持し、運動します。

大事な作品を愛し続けるって、そういう意味で前向きなことなんだと思います。
そうして私は、今日もエヴァを愛し続けます。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR