FC2ブログ

刃に想いと正義を乗せて。

どうも高崎です。
暑いですね。
今日はどうやら34℃くらいまで上がったみたいですね、私の住んでる土地は。
ですが、昨年まで住んでた山間の湿った1Fから比べると、風のよく通る平地の5Fは、だいぶマシなようです。
まだまだ湿気が原稿用紙に悪影響出るほどでもないみたいなので、せっかく新調したエアコンも、いまだ活躍の場面がございません。
単純にこれ以上気温が上がるとPCが危険なので、使わざるをえませんが。

さて。
過日三月末日をもって、私が愛してやまなかったブラウザゲーム「神羅万象フロンティア」がサービス終了と相成りました。
サービス開始直後からちょこちょこやり続けて、全ての「白面金剛九尾イズナ」を揃えてレベルカンストさせ、白面九尾系パーティを主力に、あとはサイガ様とクオン中心の聖龍チーム、魔王系を組み合わせた混色八柱チームなどで地道に楽しんで参りましたが…そんな大事な思い出もサービス終了と共に消滅致しました。

ここに及んで私、実体のないデータに入れ込むことの空しさとを学びました。
思い出と一緒に現物の残るゲームソフトって、大事だな、と。
それと同時に、新たにブラウザゲームを始める時の、色んな躊躇いも学びました。
このサービス、もし私がハマってやりこもうと思っても、その翌日にはサービス終了のお知らせが届いたりするんじゃないだろうか、なんて。

ここ数年、すっかりゲームなんかやらなくなっちゃった私なので、手軽にちょこちょこできるブラウザゲーム系は、すごくありがたいんですが…そんな理由から新しくゲームを始めるのを控えていた一ヶ月。
ようやく私、ちょっとした安全策に気が付きました。
すなわち。
既に大人気になってて簡単には潰れなそうなゲームに乗っかればいいんじゃね?
そうです。
「艦これ」始めよう。

ミーハーな考え方ですが、まあいいです。
私ミーハーですもの。
…しかしここで問題が。

全サーバー、満員です。

いつ見に行っても基本無理。
どうやらアニメ効果か、以前以上に提督たちは熱心に戦場へ赴いてる模様です。
そういう意味での国防は、今後も安泰なようですね。
現実のほうの国防は…うん、ちょっと逆の方向に危なっかしい局面に入りつつあるようで怖いですが。

仕方がないので他に、今勢いがあって簡単には潰れなそうで、面白くて、時間はあんまりないのでお手軽なやつ…。
よし、「刀剣乱舞」だ。

というわけで始めました、女子向け刀剣擬人化ブラウザゲーム、「刀剣乱舞」。

妹がゲーマーで、色んなブラウザゲームも詳しいようだったので、ちょいちょいアドバイスもらいながら、私も審神者(さにわ)の任に就きました。
最初は「何で男性向けエロマンガ屋が女子向けゲームやってんの」みたいな冗談半分、現役厨二病罹患者としては日本の格好いい刀剣は見逃せないな、と。
単純に興味あるじゃないですか、「天下五剣」や「天下三名槍」が、どんな擬人化されてるのか、とか。

結果。
あれ?これマジで面白いじゃん。
ハマりました。

ゲームは、プレイヤーが審神者(さにわ)となって刀剣に宿る魂を実体化し、彼らを使役して過去の歴史を改変しようとする勢力と戦う、という感じ。
初期の少ない手駒を駆使して資源を貯め、「鍛刀」で新たな刀剣を獲得、戦力増強して再び戦場へ、といった流れでしょうか。
大体「艦これ」と似たようなシステムです。

面白いのは、この作品、イデオロギーが「艦これ」と真逆な点。
「艦これ」は、無念に散った過去の艦船たちを駆使して、本来の歴史から彼女たちを救うゲーム。
対して「刀剣乱舞」は、かつての持ち主がたとえ無念に散っていようとも、その刀剣たちに本来の歴史を守らせるゲーム。
どっちがいいとか悪いとかじゃありませんが、凄く対照的な作りになってるな、と。
同じDMMですし、わざとそうしてるのかな、とも深読みできます。

歴史を改変しようとしている敵勢力もまた、刀剣の化身の化け物なのも深読みできますね。
ゲームのシステム上、おんなじ能力にしておいたほうがゲーム性がでるから、という都合もあるんでしょうが、この敵勢力、プレイヤーサイドとは逆に、「元の持ち主を救うために歴史改変を決意した刀剣たち」という風にも解釈できます。
プレイヤー側でも、元の持ち主の死んだ戦場に介入すると、結構刀剣たちは迷ったりしてますし。

元の持ち主の生き抜いた人生を尊ぶからこそ、その結果としての歴史の改変を許さない、という気持ちと。
それでもどうにかして主人に生きていて欲しかった、という気持ちと。
そんな葛藤も、歴史好きとしては凄く面白いし、いい題材だな、と思ったわけです。
私の歴史好きは、元々戦国時代特化だったのですが、この作品きっかけで幕末も若干興味が沸いて参りました。

刀剣の擬人化、刀剣男子たちも、凝ったデザインのキャラばかりで格好いいですね。
短刀、脇差、打刀、太刀、大太刀、そして薙刀と槍。
それぞれ「らしい」ビジュアルで、刀剣の来歴とか知ってるとニヤリとさせられるデザインなのがいいですね。

私は打刀「鳴狐」と大太刀「和泉守兼定」がお気に入りで、育てております。
格好いい。
脇差の索敵能力が頼りになるので「にっかり青江」や「骨喰藤四郎」も大事な戦力。
レベル上げると低レベルの太刀なんかよりよっぽどいい仕事します。
うちの青江さん、超強いですよ。
最近運よく、大太刀「石切丸」や太刀「小狐丸」等の若干レアな刀剣も手に入れたので、こちらも上手いこと育てていこうかと思っております。

まだ始まったばかりのコンテンツなのでほとんど課金要素はありませんし、そんなに時間も取られません。
一日15分くらい、お時間ある方は是非始めてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR