FC2ブログ

異次元からの侵略者。

どうも高崎ですよ。
お仕事進めながらも引越しの手続きが色々あって、てんてこまいです。
…手続きが済んだところで、何の準備もできてないんですけどね…。

さて。
そんなわけで例によって話題が何にもないもので。
とりあえずまた今期のアニメのお話でもしましょうか。
今日ご紹介するのはこちら、「俺、ツインテールになります。」です。

一話見た時点で原作ラノベ全巻購入しに行きました。
超面白いです。
原作の圧倒的な完成度を目にした後だと、さすがにアニメ版は色々はしょってて勿体無かったり、低予算の悲しさが気になったり致しますが、それでもそれを補って余りあるコンテンツ自体の優秀さとスタッフの愛は画面から伝わって参りますね。

内容は、大雑把に言って「特撮戦隊もの」。
可愛い女の子(?)がレッドやらブルーやらに変身して、悪の怪人軍団を蹴散らすお話です。
本家東映さまへのリスペクトにあふれた「お約束」をふんだんに取り入れた物語展開と、やはり本家さまに倣ってか超重量級のベテラン声優さんたちによる怪人たちの怪演。
特撮好きにはたまらない作品になっております。

が。
それだけじゃないのがこの作品の凄いところです。
異次元からやってきた、この怪人たちが侵略する対象は、人間の心。
その人だけが持つ「何かを好きだと思う気持ち」を糧として、怪人たちは生きているのです。
その特別な感情のみを奪って、彼らは帰ってゆきます。
つまり、表面上は怪人たちは、人間たちに一切危害を加えません。
…「何かを好きだと思う気持ち」=フェチ心が強すぎるので、多少気持ち悪い言動はあるものの。

でも、これって何かに似てますよね。
一見、何にも脅威じゃない。
けどよく考えると、人間に一番大事な「こだわり」を喪失した状態。

「少数派だからこの人たちの嗜好は規制しちゃってもいいよね、気持ち悪いし」
「俺らには関係ないから、この法案通っちゃってもいいよね」

最近どこかでよく聞く気がします。
自分には関係ない、じゃなくて、自分の立場に置き換えてきちんと考えることが大事だと。
その人だけの「こだわり」を踏みつけにすることの「悪」を自覚すべきだと。
その「痛み」を自分のものとして、真っ当に怒れ、と。
この作品は教えてくれているように思います。

…いやまあ、そういうのを抜きにしてでもですね。
主人公の少年がツインテールの幼女に変身するのを見て、TS的な倒錯感にはあはあしたり。
ブルーの子の貧乳ネタ、暴走ネタを面白がって愛でてみたり。
イエローの子の空気っぷりを一緒になって嘆いてみたり。
イエローの子の家のメイドさんの中の人が、本家戦隊イエローの人なところに興奮したり。
敵幹部なブラックの子がメガネフェチな点に共感したり。

もう何ていうか、色々面白がりどころが大盛りな作品なわけですよ。
未見の方は是非一度。
そして併せて必ず原作本も。
笑えて泣けて熱くて萌えて、最高の作品です。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR