FC2ブログ

「イバラヒメ」販促その5。

どうも高崎ですよ。
「ガンダムビルドファイターズ・トライ」、遂に始まりました。
レモンイエローのパワードジムが超格好いいですね。
作中ではすぐにガンダムタイプに乗り換えてしまうそうですが、ジム好きな私としてはしばらくの間でも活躍して欲しいところです。

HGUCシリーズだとジムⅡやジムⅢのメインカメラが、内部メカまできちんと作り込まれてて素敵です。
この部分を移植してあげればどんなジムでもユニコーン作画準拠のジムになるので、ジムコマンドやジムストライカーと組み合わせてみることをお勧めします。

閑話休題。
そうでした。
自分の単行本の販促するんでしたっけ。
売れないと今後の人生的に厳しくなりますからねー…。

さて本日は9日、発売日前日ですね。
早売りしてるお店ではもう店頭に並んでいるようですが…どうでしょうか。
前の単行本の発売日付近でも、私こっそり専門店等に見に行ったりしたのですが…あまり見かけたことがありませんでした。
メロンブックス高崎店さんは当時、移転中だったから仕入れてなくてもまあ仕方がなかったかもしれませんが…さすがは群馬県と言うべきか何と言うべきか。
売れそうにない本はあまり仕入れないようにしている、小売店さまの工夫が見えて悲しかったのを覚えております。
さて今回はどうでしょうか。
もう傷つきたくないのでしばらく本屋には近づかないようにするかと思いますが。

まあでも販促はきちんとして参りましょう。
今日は最後なので、単行本描きおろしページについての解説をすることに致します。
今回の描きおろしは4本収録されております。

一本目は「誘惑パンデモニウム」の番外編。
本編内で本番シーンがほとんどなかった、メイドさんとのプレイシーンを追加しております。
…いやまあでも、今回のヒロインたちの中で一番Sっ気の強いメイドさんですもの。
普通のHにはなりません。

二本目は「イバラヒメ」後日談。
ベタかもしれないとも思いつつ、その後のHを普通に描くのが正解かな、と。
蛇足にならないように、台詞回し等は本編で舌っ足らずだった心情表現の補完ができたらな、と心がけたつもりです。

三本目は「ラブラブスクープ~」後日談。
基本骨子が「イバラヒメ」のプロトタイプですので、きちんと差別化できるように、方向性の違いを明確化致しました。
こっちのヒロインのほうが明らかにヘタレだというだけのことなんですけども。

最後はカバー下に4本目。
こちらは「イバラヒメ」後編のアナザールート。
…というか、このまま行ったらこんな感じになるよね、駄目だよね、と、担当さんと話してて笑ってたネタを、試しにそのまま描いてみたものです。
案の定の仕上がりに、逆に満足しております。
まあこれはこれで、面白かったんじゃなかろうか、と。
「漫画ばんがいち」誌は、かつて大昔、「極道番外地」って雑誌だった過去があるわけですし。
何を言ってるかわからない方は、今すぐ本屋で新刊「イバラヒメ」を購入し、表紙カバーを剥がしてみて頂ければ、納得いくはずです(ダイレクトマーケティング)。

そんな描きおろし4本も収録されております、高崎たけまる最新刊「イバラヒメ」、
明日発売です。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR