FC2ブログ

「イバラヒメ」販促その2。

はいどうも、高崎ですよ。
「Gのレコンギスタ」始まったようですね。
…私はバンダイチャンネルでの視聴になりますので、まだ一週間悶々と待ち続けることになるでしょうけれども。

さて。
そんなことはさておき、今日も今日とて単行本の販促です。
各作品ごとに解説して参りますよ。
ではまず今日の一本目。
「ラブラブスクープ☆自演乙」。
ibara-ch4-1.jpg
ノリと勢いでつけたタイトルですが…酷いですね。
内容は、罠に嵌まってセクハラ記事のネタにされそうな先生。
新聞部のパパラッチ女子がそれをネタに迫ってきた、さらなる要求とは…みたいなお話。

これ描くちょっと前に「ばんがいち」さんがコンビニ売りから撤退し、書店売りの平綴じ本にリニューアルされました。
コンビニ市場の雲行きを怪しんでの路線変更なのか、印刷部数を切り替える際の戦略なのか、まあそういう大人の事情は色々類推できますが、我々作家として一番大事な点は、コンビニ売りでは描いたらアウトな表現でも大丈夫になった、という一点です。
そんなわけで自由に描いたのですが…タイミング悪いことに例のニャン2さんとコミメガさんの件があり、修正部位はコンビニ売りの時より拡大してしまう結果に。

表現の自由がどうとか言ったところで規制する側の人たちは聞く耳持たないでしょうから今更どうこう言う気はありませんが…一点だけ。
どうせ規制するならテレビの刑事ドラマとかも一緒に規制しましょうよ。
ああいうのに出てくる捜査方法ってわりと違法なものがしれっと混ざってるじゃないですか。
役人の人たちはフィクションと現実の区別がつかないんですから、危険極まりないと思うのですよ。
じっさいああいう無茶なやりかたでガサ入れとかされたら、ただのヤ○ザですからね。
・・・え?
いやいやいや、ふと思ったことを書いただけですよ?
実際どこかでそんなことがあった、とは一言も書いてませんからね?

閑話休題。
楽しい話をしましょう。
ええと、そうそう、実はこの作品、もともとのキャラデザインはこっちだったのです。

ibara-ch4-2.jpg
ほらちょっと見たらわかるかと思いますが、完全に上の一枚より丁寧に描いています。
当初の予定では、真面目そうな女の子が表情変えずにしれっと黒いことを要求するような漫画にしようかと思ってたのですが。
コンテ描いてみたら女の子がかなり積極的に悪い奴になってしまって。
これだったらもっと明確に表情豊かに悪事を働いて貰ったほうがいい、そして最後は逆転されてヘタれて泣いたらいい、と、急遽新しいデザインを起こしたわけです。
旧デザインの意匠とお話のコンセプトは、後に「イバラヒメ」に引き継がれました。

さてお次はこちら。
「凸凹な二人」です。
ibara-ch5-1.jpg
ibara-ch5-2.jpg
いわゆる百合風ふたなりものです。
みんなに慕われる女子高の会長、でもその体と性癖にはヒミツがあって、ただ一人それを知る後輩の子と二人、放課後の逢引きを繰り広げる…みたいなお話。

まあまあベタな流れですが、この回はちょっとした試みがテーマでした。
書店売りの雑誌だから、少々ハードな表現でも可。
ただし修正部位はガッツリ大きく。
…この条件下で高崎が導き出した結論はひとつです。
「敢えてめっちゃエグいプレイを描いてみよう」
これです。
今までだったらある程度修正の下が推測できる消し方でしたが、今後はまるっときっちり消してくれるわけですから。
「これ以上はちょっとマニアック過ぎて引かれるからなあ」と遠慮していた表現もアラ不思議。
具体的にどうなってるのかさっぱりわからないですから、ほどほどソフトな表現に生まれ変わることになる、というわけです。
逆にマニアックなのが好きなお客さんには、使ってる器具等から大体のことが想像できるでしょうから、それはそれでお楽しみ頂けるんじゃないかな、と。

会長のデザインは、わりとスタンダードなお嬢さまキャラとなりました。
服の下がアレですから、パっと見はわかりやすくステキなほうがいいかな、と。
しかし、どうしてふたなりの女の子はみんな巨根なんでしょうかね。
女の子なんだから短小包茎とかでも可愛いと思うんですけど…駄目かしら。
後輩の子は、生意気そうなツリ目のデザイン。
背は低いけど、どうせプレイ相手はみんな跪くか地面に伏せているので、基本見下ろすスタイルになります。
…関係ないですけど、そういえばこの子だけ、今回の単行本化に際して、一枚も描きおろしがありません。
表紙も裏表紙も、折り返しも、描きおろしページにも、一切登場いたしません。
…が、別に嫌いなわけじゃありません。
たまたまです。
いやマジでマジで。

さ、本日最後はこちらです。
「女番長泪唄」。
「スケバン・エレジー」と読みますが、「おんなばんちょう・なみだうた」のほうが昭和歌謡っぽくて良かったでしょうか。
「スケバン」も「エレジー」も、だいぶ昭和の匂いが強いですけれども。
ibara-ch6.jpg
時はバンカラ戦国時代。
各地の不良が徒党を組んで、各地の番長がしのぎを削る、生き馬の目を抜く戦いの時代。
北関東一帯を手中に収めた、大番長・護堂巌が遂に倒れた。
北関東全体の大連合の行く末は、二代目となった護堂の恋人の細腕に託されたのだった…というお話。

まあぶっちゃけ、「なんだよこの舞台装置」って突っ込んでもらうところから始まる漫画だったのですが…このちょっと後くらいに「キ●ラキル」が放映されてしまったせいで、「番長?連合?…いや別にそれほど奇抜でもなくね?」というショボい印象に。
いや「キ●ラキル」面白かったからいいですけど。
エロマンガ的観点から言いますと、本作は収録作の中で唯一の女の子陵辱モノ+唯一のバッドエンドものです。
本当は描きおろし漫画でも、もっと酷いことになってる展開を考えてはいたのですが…こっち方面はあんまりお好きじゃない方も多いらしいので、単行本全体の方向性のために隅っこに追いやられ、描きおろしもなかったことになりました。
(ページ数や制作時間が厳しかったのも、勿論ありますけれども)
マンネリを避けるためにもこっち方面も色々開拓して描いてみたいのですが、近年の傾向としてはあんまり好かれないようですね。

デザインのほうは…何か楽しそうですねこのイラストでは。
まだ幸せだった頃の姿かしら。
外ハネのつんつんの金髪で、強がってる感を出してみました。
前髪にヘアピンたくさんくっつけてアクセントにしようかと思ってたのですが、実際描いてみたら眉の表情の邪魔にしかならなかったので、真ん中のを残して削除してしまいました。

今日はここまで。
次回は残りの二つを解説致しますよ。
それではまた明後日ー。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR