FC2ブログ

「イバラヒメ」販促その1。

10月ですね。
10月といえば「Gのレコンギスタ」と「ガンダムビルドファイターズ・トライ」の二作が同時に放映開始。
今までOVAシリーズとテレビシリーズの並行展開等はよくあったものの、地上波同時展開は史上初。
お財布には厳しいですが、円盤やプラモの展開が楽しみでしかたありません。
…が。
そうじゃなくて。
10月10日は高崎たけまる新刊「イバラヒメ」が発売なのです。


ぶっちゃけ、9月10月は結構人気作家さんたちが新刊を発売するタイミングだったらしく、ただでさえ不景気で厳しい戦況が一層過酷になることが予想されます。
だって私だって、高崎たけまるの新刊買うより、このタイミングだったらゆきやなぎ先生とかA-10先生とかしでん晶先生の単行本買いますもの。

なので頑張って販促致します。
…誰か私の替りに広報してくれないかしら。
サークルの仲間はきちんと告知してくれててマジありがたいんですが。

さて閑話休題。
まずは前の単行本の時にもやった、収録作の作品解説を、この場を借りてやらせて頂こうかなと思います。
いや実は、単行本のほうでは描きおろしページを大量に投入した所為で、解説なんか入れる場所がなくなってしまったもので。
単行本ご購入後は、こちらのブログと併せてお楽しみください。

では最初に解説いたしますのは「ヒメゴト」。
単行本収録順とは異なりますが、これは発表順のほうが文脈が面白くなるかと思って、そういう構成にしております。
ibara-ch1.jpg
はいこちら、前回も挙げました、キャラデザインラフになります。
体育倉庫に監禁された♂主人公。
犯人は実は彼に恋する女の子で…というお話。

この回は、確か前の単行本「当主な俺と×××な彼女」の単行本作業が押していて、本誌掲載は無理そうだったので「8ページくらいの短編でどうでしょうか…?」と恐る恐る進言、編集長にめっちゃ嫌な顔されながら描いた記憶があります。
ベタな痴女ものというよりは変則的な「だめんずうぉーかー」にしてみようという試みで、こんな積極的な変態が出来上がりました。
こんな性格ですから、むしろ8ページでまとまって良かったとも言えますね。
コンビニ誌でやっちゃ駄目なこととか、好きそうですもの、この人。

デザイン的には、頭の後ろでまとめた髪型が、シンプルながら個性になってて満足です。
やや80年代のトレンディドラマに出てきそうな雰囲気がありますが…眉を太く描いた所為でしょうか。

お次、「トイレの花子さん(18)」
ibara-ch2.jpg
学校で噂の「花子さん」のトイレ。
まさか本当に出たりしないだろう、と思いつつ取材しに来た新聞部の男子が見たものは…というお話。

小学校ではメジャーな怪談、「トイレの花子さん」。
中学だろうと高校だろうと大学だろうと、学校には学校の怪談がついて回るものなのに、「花子さん」は小学生限定なのは不思議だね、という疑問が、この漫画の原点です。
そこからいくつかの「怪談」や「都市伝説」、「迷信」を組み合わせて構成したのが本作になります。
もともと怪談好きなもので、どうしてもこの手のお話になるとプロットを練りすぎてエロマンガとしては読みにくくなりがちなのですが…上手いバランスを見出さないといけませんね。

ちょっとネタバレっぽくなりますが、「赤い玉」の都市伝説って、今の若い人は知ってるんでしょうか。
「射精しすぎると最後の一滴が出た後に、赤い玉が出て、それが出ちゃうともう後は不能になっちゃう」っていうお話。
個人的には「ピアスの白い糸」と同じくらいメジャーな都市伝説だと思ってお話に入れ込んだんですが…伝わったでしょうか?

キャラクターデザインは、所謂「トイレの花子さん」をアダルトな肉体に成長させて、昔の高校生らしくセーラー服を着せただけです。
セーラー服が無闇にエロい改造されてるのは…まあ、花子さん暇だったんでしょう。
昔の女子なので炊事洗濯掃除裁縫は得意なのです…という裏設定。

さあ本日ラスト、もう一個です。
「2年B組せんせい係」。
ibara-ch3.jpg
毎日のストレスと疲労で限界の新任教師。
ある日家に帰ると、担任クラスの女生徒たちが「せんせい係」と称して癒しのサービスを展開していて…という、高崎作品にしては女子の当たりがきつくなさそうなお話です。

この回は、「ばんがいち」に移籍して初めての巻頭カラー。
世界一歴史の長いエロ漫画雑誌の巻頭を飾るのは、結構なプレッシャーを感じておりました。
いやまあ、どんな時でもカラーは苦手なので、緊張するんですけどね。
プロット的には、この頃は、違う方向でのハードプレイを模索していた気がします。
痛めつけるんじゃなくて、甘やかされ過ぎて苦しい、みたいな。
似た漫画を求められると、「マンネリ」と「作風」の狭間で苦しみます。
どういうのを描いたら正解なのかと分析したがるのは、私悪い癖なのか、長所なのか。

デザインはロングとショートの髪の毛で差別化しております。
設定画はこんな感じですが、実際の作画ではロングの子の肉体がよりむっちりに増量され、ショートの子の胸部装甲が一層貧弱なことになってしまっております。
何故だ。

さて今日はこんなところでしょうか。
次回も解説の続きを致しますよ。
それではまたー。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR