FC2ブログ

痛さを知った者だけが。

どうも、高崎ですよ。

何だか知らないうちに5月も終わりになろうとしてるようですね。
春新番ももう、折り返し地点です。
なのでそろそろ語ろうと思います。
「非公認戦隊アキバレンジャー・シーズン2」について。

や、本当は放送開始当初から語りたかったのですが、忙しかったり体調崩してたりで、なかなか語るタイミングが取れなくて。
そんなわけで今バンダイチャンネルで配信中の第八話までの感想を、まとめて。

まずはストーリー。
第1話から、おそらく原作者・八手三郎氏の時空改変により、第一期のストーリーが大幅に変えられてしまってることに驚愕&爆笑。
大人の事情+後半への伏線なんだろうけど…今回はどういうオチになるのでしょうか。
一期はもう1話から、「宇宙刑事も仮面ライダーも放送してない世界」というネタ振りが入ってましたからね。

妄想が現実を侵食するという設定も、一期とはやや違ったアプローチで興味深いです。
基本的に妄想の中だけで完結してた一期に比べ、明確に世界を救うスタイルになってきている二期。
公認戦隊への道が開けつつあるのでしょうか。
…ないか。

そしてキャスト。
レギュラー陣もブルー以外、こずこずさんやポンポコデリバリーの人、マルシーナに至るまで、一期からそのまま引き続きの出演で、嬉しい限りです。
ドラマの続編とかだと、主役の人以外が総とっかえで、何だか微妙な出来になることも多いですからね。
一期と同じテンションで楽しめるのは、安心できます。
新キャストのブルーも、一期の人とは正反対の、若干イラッとくるキャラ付けで、非常に面白いですね。
敵首領「ツー将軍」には、ベテラン声優の堀川りょうさんが起用されてますね。
ベジータ(ドラゴンボール)、アンドロメダ瞬(聖闘士星矢)、横島忠夫(GS美神)、コウ・ウラキ(ガンダム0083)と、枚挙に暇がないくらい代表作を持ってらっしゃる堀川さんですが、今回のツー将軍は、今まであまりないタイプの変人キャラのようで。
あれだけベテランになっても、まだ貪欲にチャレンジしていこうとする姿勢は、素晴らしいです。

ゲスト出演の公認様たちも、一期に負けず劣らずいいトコ突いてくるチョイスで、さすがの一言に尽きますね。
私も大好き、歴代戦隊の中でも屈指の人気作「ダイレンジャー」を、あんな残念な使い方にする勇気。
あんな弱そうなリュウレンジャー見たの、初めてです。
ニチアサの本家が恐竜系戦隊の最新作「キョウリュウジャー」なのに対応して、元祖恐竜戦隊の「ジュウレンジャー」を投入するセンス。
作中でも語られてますが、戦隊シリーズ打ち切りの危機を救った、まさに真のヒーローたちですもの。
マニア視点の光る脚本でした。
そして、夏に十周年目の続編が発表される「ハリケンジャー」。
ゴウライジャーが本来三人だったはず、という妄想は、どこの戦隊オタクも必ず通った道です。
無論私も妄想しました。
長谷川裕一先生なんか、轟雷神の挟み込み形式の合体機構から、確実に三機目のメカがあるがはずだ、という妄想までやってのけてました。
確かに、そもそもハリケンジャーとの共闘は想定外のはずですものね。
あの合体に使う何か別のメカがあって、しかるべきです。
…閑話休題。
とにかく、是非このまま三期、四期と続けて頂いて、まだフィギュアーツ化してない昔の戦隊も、是非全て登場させて欲しいものです。
新堀さんをあれだけ押してるシリーズですから、チェンジマンやフラッシュマンあたりから是非(個人的願望)。

まだまだ語れそうですが、今日のところはこんなところでしょうか。
シリーズ完結後にももう一度、総括して語りたいですね。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR