FC2ブログ

八柱の四弾。

ある人の名言です。
「チョコレートは、女の子から貰うから甘いんだよ」
…至言です。
だから私は、あんまりチョコレートが好きじゃなかったんですね。

さて、バレンタインデーです。
そんなわけでチョコの話題を挙げましょう。
神羅万象チョコ第8章「大魔王と8つの柱駒」第四弾・完結編です。
もう発売から一ヶ月近く経ってしまいましたが、ようやくご紹介できるようになりました。
…だって先月、マジで忙しかったんですもの。
あと、今回のアソートはマジで凶悪で、1箱買っても何の戦果もないことがしばしば。
久し振りの大苦戦で、なかなか揃わなかったのも、紹介遅れの理由のひとつでした。

ともかく。
早速ご紹介致しましょう。
ではまずこちら。
sinra8-4-1
右から、「大魔王アーク」「聖魔大剣現アーク」「綺羅星天アルカナ」です。

大魔王さまマジイケメン。
神羅シリーズは大抵、最終的に主人公が「統治者」になりますが、今回のアークさまほど政治指導者の面でカリスマのある主人公はいなかった気がします。
主人公を魅力的に描けるからこそ、この作品は長く愛されてるのかもしれませんね。

大剣現のほうも格好いいですね。
裏設定ではアークさま、魔族に伝わる天位「剣聖」を持ってるとか。
…これって、もしかして「剣聖シープ」や「剣聖サイアス」と同じ称号ってことなんでしょうか。
そうなると魔族って、もしかして別の世界からソロモン大陸に移住してきた、ただの異民族ってことになるのかもしれません。
「皇魔族」のアスモさんやベルゼさんとは、どうやら違う種族らしいですし。
ちなみに魔族に伝わる、もう一個の天位「拳聖」は獣魔王マーモンのものだそうで。
この「拳聖」も、テッシンとかのアレなのかなあ。

そしてアルカナさん。
今まで「メインヒロインはマジコ、アルカナさんはいらない子」とか言ってたのがいけなかったのか、今回全く引けず。
結局私、大人のちからを使って入手致しました。
…いいよね、頑張ったよね私。
だってもう何箱買ったかわかんないくらいですもの。

さてお次。
sinra8-4-2
「勇者王ヒイロ」と「プリンセス・アリア」です。
三弾あたりから超王道騎士道物語の側面も見せ始めた本作の、ある意味主役のお二人ですね。

竜退治、聖剣の獲得、姫の救済、と。
三拍子揃ったベッタベタの、だけど皆大好きな王道ファンタジー。
ひとつだけ王道と違うのは、勇者が大魔王に影響されて成長してたこと、でしょうか。
まるで本当に神羅シリーズの主役みたいな、黄金の鎧も素敵です。

姫も、勇者が仕えるに相応しいヒロインらしさ。
ヒロインキャラも、主人公と肩を並べて輝くタイプと、守られてこそ輝くタイプがいますが、姫は後者の体現ですね。

そして。
sinra8-4-3
今回のラスボス枠。
「魔導神ファウスト」と「道化神メフィスト」の二人です。

おじいちゃんは何だか若返って、全裸の姫をおなかに格納してますね。
本人もベルト一本で全裸ですが。
…でもなんだろう、あんまりラスボスっぽくないですね。
小者臭が凄いです。

本日(14日)の新着情報によれば、「魔導神」を名乗るファウストに対し、アークは珍しく嫌悪感を剥き出しにした、とのこと。
…どうやらこのおじいちゃんの「魔導神」の称号、ただの自称だったようですね。
勿論我々神羅ファンにとって「魔導神」といえば、神羅連和国と天界に未曾有の恐怖を振りまいた、シリーズ最強のラスボス「魔導神メビウス」です。
つまり…アークさまはメビウスと面識がある、ということに他なりません。
最悪の魔神として嫌悪していたのか、同じ魔道を統べる者として親交があったのかはわかりませんが、とにかくこんなただの爺様が「魔導神」を名乗るのは、気に入らなかった模様です。

そして真の黒幕のメフィストさん。
生来から争いと混沌を好むという、ある意味悲しく孤独な女性です。
アークとしてはその呪われた性質も、きっと周囲の優しさで溶かせると思って、かつては臣下に置いていたそうですが…残念ながら駄目だったようで。
…でもまあ、臣下に収まってたとしても、アルカナやマジコとアークの右腕の座を争う関係になってたんじゃないかと思えますが。

ラストー。
sinra8-4-4
パニッシャーズの美少女二人。
私にとっての「8柱」のメインヒロインです。

イクサはおなかを出さなくなって露出が減ったぶん、ふともものチラ見せがセクシーです。
戦争も終わったことですし、これからは女の子としてのスキルも磨いていって頂きたいものです。
せっかく可愛いんだから。

マジコは…心配です。
あの、真の「魔導神」もかつて称していた「魔導王」の天位を継承ですよ。
アークさまに貰った杖も、メビウスの愛杖と同じものに進化してるし。
メビウスと同じ奥義「アポカリプス・ロード」まで極めてしまっているし。
アークさまの背中を追うことに夢中で、うっかり魔道の暗黒面に落ちたりしないか、心配で仕方ありません。
後のシリーズで、どこかの世界の魔王として再登場しそうで怖いです。
…もういっそアークさまの奥さんにでも収まってくれれば安心なのですが。

こんなところでしょうか。
神羅への愛が溢れすぎて、やたら無駄に長くなってしまいました。
来年度の第九章にも期待しております。
…でもあんまり凶悪なアソートはやめてくれませんか、バンダイ様。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR