FC2ブログ

マスカレード。

シャバドゥビタッチヘンシーン!
シャバドゥビタッチヘンシーン!
フレーイム!
ヒー!ヒー!ヒーヒーヒー!!

…ウィザードライバー欲しいです。
いいですね、新ライダー。
オーズとかみたいに、作風とテーマが上手いこと噛み合う良作の予感がします。
通常の二話編成回が始まったことですし、1話視聴後の感想に加えて、もうちょい感想を補足しようか思いますよ。

今回の作品テーマは、「希望」と「絶望」。
絶望するとその人間は死ぬ、というのが、興味深いですね。
心の死=物質的な死。
死んだ人間の中からは、何だかよくわからない化け物が生まれてくる、と。
色々象徴的かつ教訓的ですね。

「人を傷つける」という点に関しては、精神的にだろうが物理的にだろうが、おんなじことだというわけですね。
心を「殺された」人間は、もう人間ではない何かに変貌し、またその「絶望」を振り撒く存在へとなっていく。
…何だか最近話題のいじめ問題にも通ずる気がしますね、この絶望の悪循環って。

そして。
今回のライダーでまたひとつ、私が特に注目しなくてはいけないと思う点がもうひとつ。
それは、「今年のライダーは、敵を殺す」ということ。
先日の特撮ネタの際にも言及しましたが、「W」から始まる平成ライダー第二期の大きな特徴のひとつが、「敵怪人を殺さない」というのがあったと思うのです。
私はこれを、殺害、殲滅によらない、新しい形の戦い方、と評価しました。
かつては戦いのあと、まだ生きている我々にしか見ることの出来なかった、「仮面ライダーの背中」。
それを怪人にも見せてあげることで、反省を、後悔をする余地を残し、学んで成長し、更生の機会をも与える。
ラスボスとさえ「友達」になってみせたフォーゼは、その極致なんじゃないかと。

その構図は許されないのが、今年の「ウィザード」です。
何せ、敵怪人の「中の人」はもうすでに死んでいるんですもの。
でも、それでも怪人も思考し、行動している以上、ライダーはやはり「敵を殺害」しているわけです。
確かに、説得、諜略は不可能ですよね。
そういうのに応じられるなら、まだ心は死んでいないってことですもの。
敵怪人「ファントム」の存在定義上、ありえません。

ここ数年築いてきた新しいライダーのスタイルを、ここに来て崩すのは、一体どんな意味があるのでしょう。
いわゆる相棒(バディ)スタイルの放棄もまた、ここに繋がっている気がします。
楽しみです。

それから、道具立ての面に関しても。
使い魔のドラゴン、ライダー自身が大型モンスターと直接格闘するための、いいキイアイテムになってますね。
CGとかガンガン使えるのに、等身大の怪人しかいないのは逆に不自然ですものね。
モンスターサイズも色々いてしかるべきかと。
でも、あくまでライダーのアクションは等身大。
ロボとか乗っちゃうのはちょっと違うきがしますからね。
(「ファイズ」の頃にはもう「サイドパニッシャー」ってのがいた気もしますが。)
デカい手とか足になる使い魔は、きっと重宝するんじゃないでしょうか。
…出すといちいち予算がかかるでしょうけれども。

あとは、いい役者さんに恵まれれば、最高ですね。
Wやオーズの主役陣は、最初っから上手い方ばかりでしたが、フォーゼの賢吾とかみたいに、恐ろしい勢いで上手くなって、終盤鳥肌モノの芝居をされる方もいますからね。
個人的には、主役の晴人…は勿論ですが、三枚目役な瞬平に期待。
ああいう役柄は按配を間違えるとウザくなっちゃいますから、多分難しいこととは思いますが。

さてところで。
そろそろ単行本のこととか色々書いて宣伝しとかないとアレなんですが…。
私、どれが出していい情報なのかよくわかりません。
私にはそういうものとして伝わってても、まだ全然会議とか通ってない、とかよくあることですしね。
今度、確認しときます。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR