FC2ブログ

トラックバックテーマ 第1478回「ちょっと変わったこわいもの」

お疲れ様です。
高崎ですよ。
今年も暑い日が続きますね。
七月末からこの調子だと、八月はどんな熱帯になるやら、今から恐ろしい限りです。
コミケは…どうしようかなあ…。
ご挨拶しておきたい方々はたくさんいるんですが…名刺代わりの同人誌も持たずに出かけて行ったら却ってアレかなあ、と。
篠塚先生とか、せっかく初単行本出されるようなので、お祝いくらいは言いに行きたいところなんですが…。
うーむ…。

主人のそんな夏の悩みは何処吹く風。
…うちのガジュマルはそんな気候に大喜びで、ここぞとばかりに生き生きと超元気に葉っぱを伸ばしてますけれども。

さて本題。
例によってネタが特にない時には、トラックバックテーマに頼るのが吉ですね。
↓以下、お題です。
トラックバックテーマ 第1478回「ちょっと変わったこわいもの」


…まあ、普通こういうお題が出されたら、大抵の人はいわゆる「オバケの出るような怖ーい話」を回避して、日常の中のちょっとした怖いお話を披露するものでしょう。
だが断る。
ここは敢えて、いわゆる「怪談」をお話することに致します。
だって暑いんですもの。
一緒にヒヤリとしましょうよー。

…そうですね、ここは私自身の体験談をお話しましょう。

まだ小学生低学年頃のある日、私は酷い風邪を引いて寝込んでおりました。
結構な重症でしたから、何かあったらアレだということで、一応母の寝室の隣の部屋へ運ばれ、そこで休むこととなりました。
…まあ、別に母は何のスキルも持ってないので、そんな緊急事態とかに陥った私に何ができるわけでもないのですが。

その晩は、一晩中高熱にうなされ、寝ているのか起きているのか、さっぱり区別がつかないまま過ぎてゆきます。
ふと気が付くと、部屋の奥の暗がりから、何か煙に似た黒いものが染み出て来ていました。
最初は火事か何かかと思いましたが、徐々にそれは大人のひとくらいの大きさに纏まります。

その「黒い人」は、段々と人数を増し、それほど広くもない部屋の中には、今や6~7人程が集まってきております。
彼らは、手に手に黒い紐状のものを持っています。
(薄暗がりの中何故よく見えたのかはわかりませんが)よく見ればそれは、炭にまぶした注連縄でした。
どういうわけか、何の炭なのか、さっぱりわかりませんが、その炭に手を汚しながらも、彼らはそれを握ったまま、無言で私に近づいてきます。

何となく、ああ、連れて行かれるんだな、と思いました。
昔から非常に物分りの良い子供だった私ですから、この状況と自信の体調から考えて、「詰んだ」と諦めたのだと思います。
その時、誰かが同じ部屋の隅から現れ、強い口調で「黒い人たち」を責め立て、部屋から追い出してゆきます。

目を覚ますと、朝でした。
うなされている私を、母が起こしております。
体調も、若干ですが回復しています。
夢だったのかな、と思い、その日はそれ以上何にも起こりませんでした。

が。
後日その日のことを母に話した際に、ちょっと怖くなりました。
曰く、「うなされてる時起こしたら、第一声が『おばあちゃんは何処?』だったよ」
そして、あの日は一晩中ぎいぎいと家鳴りがしていて、時折私の寝てる部屋で暴れるような音がした、とのこと。

総合してかえりみると、どうもあの日の「黒い人」は、いわゆる死神で、彼らを追い払った人は、当時の数年前に亡くなった母方の祖母だったんじゃないかと思われるわけです。
祖母は私が初孫で、物凄く可愛がってくれてました。
ちょっとありえないくらいパワフルな人でしたから、少々卍解が出来るくらいの死神なら、追い払うくらい造作もなかったことでしょう。
…すると、あの日の高熱で、本来私は死んでいたことになるんじゃないでしょうか。

今はもう、祖父祖母共にお墓の中です。
あの時の感謝…のみならず、たくさんのありがとうを込めて、季節ごとにお墓参りは欠かせません。
おしまい。

・・・いやまあ、冷静に考えてただの夢ですけども。
…すいません、私正直言って、基本的にオカルトとか信じてません。
私の目や耳よりも、現代科学のほうを信じます。
怪談やオカルトは、「お話」としては大好きですが、あくまでもそれは「お話」として。
アニメや漫画と現実を混同しないのと同じレベルでの線引きが、私の中に確固として存在しております。

でもやっぱり残る「もしかして」があるから、怪談は怖くて面白いんですよね。
あ、あと、お墓参りはマジでちゃんと季節ごとに行ってますよ?
こういうことは関係ないとしても、大恩ある家族だったのは確かですから。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR