FC2ブログ

非公認戦隊よ永遠に。

…どうも高崎です。
や っ と 終 わ っ た 。
色々あって何だか六月は、凄く忙しかった気がします。
5月の末の段階では、もうちょっとのんびりお仕事やってるはずだったんですけどね。
急に倍速でやれと言われて、一ヶ月間ずっとダブルアクセルかけっぱなしでしたよマジで。
衛宮切継もビックリだ。

でも、
どうやら夏コミ落ちてた
ようですので、トリプルアクセルをかけずに済みました。
…良かったんだか悪かったんだか…orz

さて。
そんな時でも心に剣、輝く勇気、私には特撮です。
…いや、仮面ライダーブレイドは、今回は何の関係もありませんけれども。

そう、今期の私にとっての特撮といえば、「非公認戦隊アキバレンジャー」ですよ。
先日の第十二話にて、めでたく(?)大団円を迎えましたが、来週(ネット配信視聴者以外にとっては今週)も十三話として総集編が残ってるようですので、まだまだ目が離せません。
それでもまあ、「第一期だけは」どうにかこうにか終わったようですので、一応の感想総括をさせて頂きたいと思います。

正直言えば、1話から順に、
「1話の信夫の台詞『高い!高いが…安い!』、オタクとしては超共感する」とか、
「5話のオチで泣いた」、「月島アルパカ可愛い」、
「9話の信夫の熱さに感動」等、
一から箇条書きにしていきたいところですが。
それやっちゃうとさすがに超長くなるでしょうからね。
「超面白かった」。
この一言に尽きます。
最初っから「良い子」ではなく、「いい歳した痛い特撮オタク」に向けて作られてるわけですから、そりゃいい歳した痛い特撮オタクな私にとっては、ドンピシャで面白いのは、まあ当然と言えば当然なのかも知れませんが。
それでも。
日曜朝の公認戦隊様にように、大きいお友達へのメッセージをこっそりと隠しておく必要もありませんから、ダイレクトに心に響きます。
ゴーカイジャーの時も感じましたが、脚本の荒川稔久さんは、本当にそういうツボを押さえるのが上手いですね。
我々同様、きちんとスーパー戦隊を好きでいてくれて、同じ目線で「お前らこういうの好きだろ?俺もだ!」っていうのがひしひしと伝わってくる、いいホンです。
スタッフのみなさんもきっとそうなんでしょう。
愛と熱意がダダ漏れです。
今回のサブ作家、香村さんもホントに凝った構成が上手いですから、今後の特撮業界は安泰です。
さすが「最近までただのファンでした」と仰るだけあって、素晴らしいマニアックさで、レッド・信夫の濃厚さを裏打ちしてました。

役者さんたちも素晴らしい芝居でした。
レッド・信夫役の和田正人さんは、実はこのキモくて暑苦しくてでもいい奴なキャラクターを、ロジカルに計算して演じきってらしたそうで。
さすがにキャリアのある役者は一味違います。
ブルー・美月役の日南さんとイエロー・ゆめりあ役の荻野さんも、お若いのに難しい役を見事に演じてみせてくれました。
最初っから大人向けの特撮ですから、ごまかしの利かない視聴者が多い中、キャラの立ったいいお芝居だったと思います。
博士役の内田さんは、ドクターZ役・矢尾さんと同じく、本職は声優さんだそうで。
…最近の声優さんは綺麗ですねえ。
作中アニメの葵役やナレーション役も兼ねてましたね。
大変そうです。
他にもマルシーナ役穂花さん、こずこず役愛川さん等、濃くて面白くて、そして愛すべきキャラクターたちを演じてくださったキャストの皆様、一面識もありませんが、こんなネットの片隅から感謝の言葉をささげさせてください。
最高の作品をありがとう。

そしてスタッフの皆様も。
二期よろしく。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR