FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼号作戦完了。

どうも高崎ですよ。
お仕事が佳境に差し掛かっててブログ書いてる場合じゃないのですが、ここのところすっかり更新をさぼってたもので。
なのでまあ、手短にちゃっちゃと書いてゆきましょう。

さて。
昨年末に着任して以来、ご飯食べてる時と寝る前には大体いつも「艦これ」です。
ライトに進める分には、あんまり時間を食わないのがいいですね。

そんな中、運営鎮守府から着任以来初めての作戦が発令されました。
「礼号作戦」、世に言う「連合艦隊最後の勝ち戦」です。
…でもまあ、基本的にまだ低レベル提督な高崎大佐としては、あんまり積極的に関与せずにやり過ごそうかと思っておりました。
そんなことより、最近育て始めた北上さんと島風さんがどんどん強くなるのが楽しかったのですよ。

が。
作戦概要をよく読めば、難易度設定が選べるようで。
ちょっとつついてみてイキナリ轟沈させられるようなこともなさそうだとわかり、進軍を決意いたしました。
提督の決断です(←ちょっと言ってみたかった)。
目的は、海域にてドロップされるレア艦船たち。
通常海域では入手困難な娘たちが色々落ちてるのを期待して、下心まみれの抜錨です。
…ああ、「提督の決断」と同じく、「抜錨!」も生涯で一回は言ってみたい台詞ですね。
こっちは艦長っぽい台詞ですが。

そんなわけで作戦海域を目的なくうろうろする、我が高崎艦隊。
結果入手できたのがこちら。
CIMG0796.jpg
前回の作戦で人気だった浦風さん、
CIMG0798.jpg
夕張型の末っ子、清霜さん、
CIMG0799.jpg
CIMG0800.jpg
卯月さんや天津風さんなど、ちょいちょいうろついただけにしてはなかなかの釣果でした。
…いや、釣れたみたいな言い回しすると深海棲艦みたいですけども。

そして。
ちょろちょろするだけのつもりが、段々深入りしてゆく私。
や、ぶっちゃけ潜水棲姫は撃破可能かな、とは思ってたんですよ。
うちの天龍さんや木曾さん、そこそこ強いですし。
でも集積地棲姫はさすがに無理かな、と。
資源に余裕もないので手持ちの三式弾は一個だけ。
あと何か大淀さんの装備がめっちゃ有効だとか小耳に挟みましたが、そもそも大淀さん持ってないし。
仕方がないので榛名さんやら加賀さんやらの、うちの高レベル高コストな人たちにお願いして、まあせめて轟沈しないような艦隊編成で送り出します。

結果。
何だか奇跡が起きました。
榛名さんと山城さんのラッキーパンチががっつりキマって、集積地棲姫のメガネを叩き割ってしまったようです。
CIMG0802.jpg
報酬の初月さんがこちら。
姉の秋月さんとかと同じく、対空特化の駆逐艦ですね。
ただ、回避よりも装甲に比重があるらしく…何だか謎のぽんこつ臭が致します。
だって駆逐艦の装甲なんて重巡あたりからしたら紙みたいなもんですから…。
でも可愛いので育てます。
ネコミミっぽい髪型に愛着が沸きました。

そんなわけで。
初めて作戦に参加してみて思ったことは。
「ああこれ確かにハマるわ」
でした。

非常に楽しかったので、次の作戦に向けてまた資源の貯蔵に邁進することに致します。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

今月の告知。

現在紙媒体にてコアさんから発売中の私の単行本「イバラヒメ」が、今月から電子書籍版も発売されるようです。
今のところコアさんから出てる私の最新単行本となっております。
なんでしょう、DMMさんとかに行けば購入できるんでしょうか。
そのへんのことは皆様のほうが詳しいかと思いますので、よろしくお願い致します。

あと、来月あたりまたコアさんのコンビニ向け廉価コミックスにて、私の作品が再録されます。
今回は単行本「当主な俺と~」に収録されております、「シークレットゲーム」。
コンビニ向けなので、この大人の玩具を多用した漫画がどれだけ白くなってしまうのかと心配ですが…詳細をご覧になりたい方は単行本のほうを改めて購入してくれるに違いありません(ダイレクトマーケティング)。
こちらも電子書籍版が発売中となっておりますし。

…や、マジメな話無理強いは致しませんが、缶コーヒーを何回か我慢すれば買えるお値段ですので、よろしければ是非。

バレンタイン。

どうもお疲れ様、高崎ですよ。
本日はバレンタインデイでしたが、如何お過ごしでしたでしょうか。
私の釣果は…まあいいじゃないですか。
可哀想に思った妹が何か持っていってやろう、というのを丁重にお断りしたくらいのものです。

さてそんなバレンタインデイ。
今日も今日とてお仕事してましたが、お昼過ぎ頃不意に玄関のチャイムが。
また新聞の勧誘かしら面倒臭いなあ、と思いながらも律儀に出る私。
と。
そこにめっちゃ緊張した顔の小学生女子が。
「?」
お互い頭の上に疑問符を浮かべて困惑。
「あの、○○さんのお宅は、ここじゃありませんでしたか?」
ああ、理解しました。
うちの近所、我が家と似たようなマンションが結構たくさん建ってます。
恐らくは他の棟と間違えてしまったんでしょう。
その○○さんは知らないけど、多分隣の棟とかの可能性が高いこと、どうしてもわからなかったら敷地の端っこの管理人さんに効いてみるといいことを伝える私。
見れば、彼女の手には綺麗にラッピングされた何かの包みが。
なるほど、バレンタインが日曜だから、意中の男子のおうちへ突撃ですか。
くそう、小学生にしてリア充な○○さんめ。
包みを指差して「上手くいくといいね」と茶化す私に「はい!」といい笑顔で駆けてゆく小学生女子。

…いや、マジでこんなことがあったんですって。
マジでマジで。
爽やか過ぎて体調悪くなるかと思いましたよ、不健全な漫画を描いて暮らしてる身としては。

若いっていいですね。
いや、やらしい意味ではなく。
ピュアに、真っ直ぐに世界を見られる年頃が羨ましい、という意味で。
私たちからしたらぶっちゃけ、夢も希望も生きる糧さえ見当たらないこの世の中も、子供にはきらきら輝いて見えてるんだろうなあ、とか思ってしまって。

私の子供の頃だって、今の大人の視線で時代を見れば、バブルの崩壊がじわじわ迫る、高度経済成長がぽっきり折れる、正に戦後日本の絶望のはじまりみたいな時代だったはずなんですが。
高崎少年の瞳にはガンプラだったり漫画だったり、当時好きだった女の子のことだったり、楽しいことばかり見えてたような気が致します。

でも、それでいいんですね。
現実と直面しながらも、子供に夢を見せるのが大人の仕事。
そういう正しい大人になるために、いい夢いっぱい見るのが子供の仕事。
そんな風に理解しました。

今日来た女の子も、その子にチョコ貰ったであろう男の子も。
きっと将来は正しい大人になるような気が致します。

…そうやって呑気に育った私が今現在、正しい大人になったかどうかは…うん。
まあいいじゃないですか。

1/100。

どうも高崎ですよ。
相変わらず寒いですね。
でも、ここ群馬県南部はまた「いくら予報で降るっつっても基本雪の降らない地域」に戻りつつありますので、その点はひと安心です。

さて。
ここのところあんまり更新らしい更新をしてなかったような気がします。
や、告知とかはちゃんとしてたのですが、もっといい加減な日々のあれこれとか、さっぱり書いてなかったような。
そんなヤバいほど忙しいというわけでもないのですが別に暇があるわけでもない、何とも微妙な毎日で、なかなかガンプラの写真とか仕込む時間がなかったのですよ。
ちょっと前にやっと「THE ORIGIN」版のガンダム組んだので、ここ最近までの1/100ガンダム並べて比較を、とか考えてたのですけれども…。

そんなわけで本日は、1/100のファーストガンダムについて、何となく徒然と色々語ることに致します。

そういえば。
私、これだけガンプラに狂っているので、最近はあんまり1/100は組んでおりませんでした。
理由は簡単、部屋のスペースに限界を感じているからです。
MGのあのデカい箱一個よりも、HGUCを二、三個置けるほうが嬉しいのです。
節操なく買ってしまうと、また早晩もっと広い部屋を、言い出しかねません。
ガンプラを買うお金はありますが、家賃のために使う余計なお金はありません。

そんなわけで久々の1/100だったわけですね、「THE ORIGIN」のガンダムは。
ええ、やはりデカいのはいいですね。
ロマンがあります。
時代やコンセプトごとに、同じRX78でも全く違うキットになるのが面白くて、毎回ファーストガンダムだけは購入してしまいます。

ちなみに私が個人的に好きな1/100は、MSVフルアーマーガンダムの中身の人。
カメラアイが横長で、ちょっと無表情っぽい印象なのがクールで素敵です。
量産機っぽいのがフルアーマーに似合うのでしょうか。
UC時代の赤~オレンジっぽいカラーでカメラを光らせてあげたいです。

シンプルな格好よさならMGのver2が一番。
いわゆる「フィルム版」を現代の技術で、ほぼ完璧に再現しております。
MGの一年戦争MSver2.0は、大体旧1/100のバランスを踏襲しておりますので、MGザクやMGグフのver2.0も、他のキットと並べて楽しめるのがいいですね。
次点でMG「パーフェクトガンダム」の中のガンダム。
細身で無駄なディテールがないのが、初期ガンプラに通じるコンセプトを感じます。
体の各部の装甲をいじると、パーフェクトガンダムのアーマーを接続できるハードポイントが出現するギミックも超素敵でした。

今風な「ガンダム」で一番だと思うのは、「プロジェクト・ペガサス」版。
ver1.5の亜種と言えなくもないですが、脚部フレーム以外はほぼ新規造型で、成型色も淡い色合いで、格好いいです。
PS2のゲームとのコラボ企画だったらしいですが…ゲームのほうはよく知りませんのでコメントできません。
あんまり高い評価も聞きませんでしたが…自分でやってみないことには何とも。

そして、皆から散々に叩かれ、「プラモ狂四郎」でもボロクソに言われておりますが、私の中で最も印象的な1/100ガンダムが、一番最初の無印の1/100「ガンダム」です。
腰部がなくて、むき出しのコアファイターを挟み込むだけの合体再現。
そのコアファイターのせいで股関節を組み込むスペースがなくなり、直にペタっと貼り付けるだけの腿。
変な四角い穴の空いた手首パーツ(武器が持ちにくいったらありゃしない)。
極めつけは、何故か同梱されてる、謎のスプリングギミック付きのオリジナル武器。
等々。
駄目な部分を挙げたらキリがないほどに酷いキットではありましたが。
これ、私が生まれて始めて組んだガンプラなんです。

同梱の、恐ろしく接着力の弱いセメダインみたいな何かを駆使して四苦八苦、それでも自分の手の中で大好きなガンダムが組みあがった時の感動は忘れません。
この最初の感動が、今のこの私、ガンプラ狂の高崎さんを産み落としたのです。
何か可動部分が少ないとか若干デザインが怪しいとか、そんなことは些細な問題でした。

それに…よく考えて下さい。
ガンプラが生まれて35年、以降コレだけ色んなガンプラが生まれてきているのに、何故いまだにあの1/100ガンダムが再販され続けているのかを。
愛されているんです、あの思い出が。
どうにかしたやりたいと思われているんです、あの仕様が。

というかですね、持ってる方は自分のキットを、持ってない方は画像検索でも何でもして、よくご覧になってください。
…意外と顔の造型は、イケメンなんですよ。
当時の設定画のあのガンダムの顔を、けっこうな精度で再現できてるじゃないですか。
ガンプラマニアはみんな、なんだかんだ言って、いわば「大河原御大版」とでもいうべきこのガンダムのこと、好きなんだと思います。
…って思い込んじゃってるんですが、私、大丈夫でしょうか…?
プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。