FC2ブログ

極小の凶敵。

…酷い。
先月の今頃も書いた気がしますが、もう一ヶ月終わりますね。
早すぎです。
今月、何にもブログ書かないうちに過ぎ去ってしまいました。
なんてこった。

というのもですね。
今月も忙しかったのはまあいつもどおりだったのですが。
それとは別に、酷く体調を崩しておりまして。
今日はそのことについてちょっと申し上げておこうかな、と思います。
…家からあんまり出てないからネタがないとか、そういうわけじゃないんだからねっ!

さて。
漫画屋という不健康な職業柄、少々体調を壊すはまあ当然と言えば当然なんですが。
それを表立って堂々と言うのは、正直言って憚られるわけです。
というのも漫画屋という商売、言ってみれば出版社の下請けをやってる個人事業主なわけですから、出版社からの発注を受けた以上、安定して同期間で同質の商品を生産できるのが望ましいわけで。
機械の調子が毎回違う工場になんか、危なっかしくて発注できませんでしょう?
だから、少々具合が悪くても騙し騙し、隠し隠ししながら、我々は安定的に商品を提供していくわけです。
ゆえに仕事が遅れた理由にわりと正直に「体調不良」を挙げる私なんかは、厳密に言えばプロ失格なのかもしれません。
それでも使ってくれている編集部の担当さんたちには、感謝してもしきれません。
ホントマジで。

ま。
そういう前提があるということを踏まえておいて頂いて、それでもなお今回の話題は、私の今回の症状なわけです。
即ち、「虫歯」です。

…ああいや、意外と普通とか言わないでください。
危ないんですって、コレマジで。

今月初旬頃、さすがに私も何かおかしいことに気がつき始めていました。
三月末からずっと微熱が続いていて、なんだか徐々に悪化してる気がするのです。
内科に行っても風邪薬を処方されるのみで、さして回復のメドも立たないまま、まあいいやと放置して仕事をしてたのですが。
中旬過ぎ。
明らかにヤバい水準の熱と頭痛。
発熱から全身の間接も酷く痛みます。
コレさすがに風邪とかそういうのじゃないぞ、と思いながらも病院に行く元気もなく完全に寝込む私。
まる一日ほど意識が飛んだのち、やや回復した頭で考えるのは「これ知ってるぞ」。
骨折した時とか外科手術した後とかの発熱に似てるのです。
「いやしかし、別に今私、特に目立った外傷とかないぞ…いや待て!」
「知っているのか雷電!」
「そうだ、聞いたことがある!これは…虫歯の一症状だ!」
熱に浮かされ過ぎた私、ついにひとり男塾ごっこを開始です。
男塾ならばここで対抗策を一号生筆頭のあの男が体得してるのですが、現実はそうもいかず。
私の所見を確認すべく、体を引きずって歯医者へと赴いたのです。

結果は正解。
奥歯の放置していた虫歯から、雑菌が神経と血管に混入。
そうして発症した感染症が風邪のウィルスとイイカンジにタッグを組んで、エグい合併症にまで発展していたのだそうです。
関係ないけどキン肉マン二世のタッグマッチ編だと、何故か「ロングホーントレイン」が超凄い必殺技みたいになってて不思議な感じでした。
アレって確か、力尽きたバッファローマンをおんぶしたモンゴルマンの、ただの苦肉の策だったと思うのですが。
ちなみに私の一番好きなタッグ技は、「地獄のねじ回し」。
超痛そうなのと、スクリューキッドの唯一の見せ場という点で、魅力的です。

閑話休題。
ともかく、四月の私はこんな調子で、ずっと苦しんでいたわけです。
今はようやく、体内の滅菌をする投薬が効果を発揮してきたようで、ややマシになってきておりますが…この後また抜歯や手術が待っているかと思うと、憂鬱でなりません。

私が何を言いたいのかと申しますとですね。
虫歯放置はホントマジヤバいから、早めに治しとけ。
っていう一点に尽きます。
ちょっと穴開いたくらい別に痛くないし、よく磨いときゃ大丈夫だろ、とかいうのは駄目だ、ってことです。
いやむしろ私の場合、よく磨いてたから逆に雑菌が入りやすくなってたようですし。

感染症、ホント辛いから。
ちょっと本気でまずいかと思う瞬間が何度かありましたから。
死後実家の家族に部屋に入られた時、見られたらあかんものとかなかったっけか、とか、真剣に考えました。
これ読んでる方の中で虫歯放置してる人、いらっしゃいましたら、もうできるだけ早く治療なさることをお勧めいたします。

あと、死んだ後で見られたら駄目なものは、早めに処分しておくこともお勧めいたします。
私も、
単純に興味本位で購入した獣姦モノのDVDと、友人の誕生日にシャレで贈ったらマジギレで送り返された田亀源五郎先生のガチムチゲイコミック
くらいは、早めにどこかにやってしまわないと、家族にあらぬ誤解を与えかねません。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

今月の告知。

三月売りの「漫画ばんがいち」さん(コアマガジン刊)にて、タイトルは「イバラヒメ」です。

一話完結ものとしても読めますが、これ多分続きます。
3話くらいの続きものとして、二回目以降は構成していこうかな、と思っております。
というか今作ってます。

内容は、まあ私がよく描くSMもの。
女子がM側ですが。
♂主人公がなかなか出て来ない構成にしちゃった結果、調教される側の女子視点で描くはめに。
でもこの娘、かなり「いい性格」してますので、独白内の心の声と実際の発せられた台詞とのギャップを楽しんでもらえる漫画になったんじゃないかと思います。

グンマー在住なので今回、大雪の所為で停電の危機や流通の停止に悩まされながらの作業でしたが、まあ何とか間に合いました。
体調さえ崩さなければ、意外と仕事できるんだな私、と今更驚かされました。

ザ・フール。

どうも高崎ですよ。
四月ですね。
新社会人、新入生に、いらん期待と夢を与える時期になりました。
そう、皆さんよく考えて下さい。
会社の入社式も大学の入学式も、あれ大体四月一日ですよ。
エイプリルフールです。
全部、嘘なんです。

みんな、そんなに期待してませんから。
たいしてスゲーことなんが起こりませんから。
緊張せずに安心してマイペースでのんびり新生活を謳歌していただきたいところです。

そんなエイプリルフールでしたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
私はといえば、実家の玄関にアマゾンの荷物が届いちゃったので取りにいってました。
増税前に駆け込みでガンプラを大量に購入してしまったので。

と。
庭で母に出くわします。
母「今日はエイプリルフールよ。何か嘘吐きなさい。」
無茶振りです。
芸人に「今から何か面白いこと言え」ってのとおんなじ流れです。
私「ああうん、今度結婚するんで、近いうちに嫁つれて挨拶行きます」
さすが私、息をするように嘘を吐きます。
笑って去っていく母。
…いや、ひとかけらも信じてもらえないのも、ちょっと悲しいですが。

その後仕事してると、父から電話です。
父「結婚するのか」
私「?」「しませんよ?」
どうやら母、私の嘘をそのまんま父に流用した模様。
そして父、信じた模様。

「そうか…」と言って電話を切る父の声の悲しそうなことと言ったらもう。
電話の向こうで母にマジギレしてる声も聞こえて、切なくなって電話を切りました。

いやもう、嘘なんか吐くもんじゃありません。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

…いっそのこと私の部屋にある、ハルヒの長門とかすーぱーそに子とかのフィギュア持って実家を訪れ、「嫁です」と紹介する凶行に及べば、もうこれ以上悲しませずに済むのでしょうか。
プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR