FC2ブログ

咲き誇れ絢爛に。我が剣よ我が刃よ。

はいどうも、高崎ですよ。
…商業のほうで苦戦している隙に、もう七月も一週間過ぎてる…。
さっぱり同人誌のほうに触れてない…。
どうなってるんでしょうこれは。
竜宮城にでも行ってたんでしょうか、私は。

あ、竜宮城といえばFGO。
エピックオブレムナント二章も面白かったですね。
(いつも通り妹のを見せて貰ってる身ですが)
今回は真名隠しはあんまり捻らず、ぶっちゃけ有名どころをそのまんまでしたけれども。
FGOでは私、東洋系サーヴァントが大好きなもので、今回新登場の「不夜城のアサシン」と「アガルタのキャスター」は嬉しいですね。
・・・や、決しておっぱいに目が眩んだわけではなく。
いやいやマジで。
あのキャスターの元ネタのお話とか、私も子供の頃、それはもう大好きで大好きで。
祖父に買って貰った世界の童話集の絵本も、あの地域のお話はもう何百回読み直したかわかりません。
新宿のアーチャーもそうですけど、昔から大好きだったお話の登場人物がキイパーソンになってる章は、やはり思い入れが違ってきますね。

…違った。

今日はFGOやグラブルのお話じゃありません。
7月に入ってアニメの新番も続々始まって参りましたね、という導入にするはずでしたのに…どうしてこうなった。
竜宮城があかんかったのか。

…さて自然な導入で夏のアニメ新番の話題に入れましたね。
今期はシンフォギア4期とかFate/Apoclyphaとか大物が目白押しですが。
ここで私が敢えて押したいのは、「活劇/刀剣乱舞」。
冬にやってた「花丸~」とは違って、ガチのバトルメインの物語仕立てになるとか何とか。

…いや、言いたいことはわかります。
原作ゲームも女子向けだろ、女子キャラなんか出てこないんだろ、等。

ゴチャゴチャ言ってねえでいいからまず一話見ろ。

絶対面白いから。
男の子だったら歴史とか刀とかチャンバラとか、みんな大好きでしょ。
エロとかに目覚める前の、あの頃のピュアだった自分たちに戻って見てみましょうよ。
がっつり超熱い少年漫画な展開ばっかりだから。
男塾も聖闘士星矢も、みんなほとんど女子なんかいなかったでしょ。

それに、今回の「活劇~」の制作はufo table。
作画、演出、効果共に、ほぼ「Fate」です。
(よく考えたら「刀剣乱舞」も原作がニトロプラス)
「歴史改変」→「聖杯による特異点発生」、
「刀剣男士」→「サーヴァント」、
「審神者(さにわ)」→「カルデアのマスター」
と見れば、ほぼFGOのアニメです。
…や、そんな無理矢理当てはめなくてもいいんですが、何となく似てたし、さっきFGOの話題出したし、ということで一応。

そんな感じで、アニメーションの出来がとてもよろしいのは勿論なんですが。
「刀剣乱舞」というコンテンツ自体、かなり面白い題材と設定なんですよ、ということをお伝えしたいのですよ、私は。

時間を遡行して日本の歴史を改変しようとする敵勢力「歴史修正主義者」。
それに対して同じ時代へ遡行してそれを食い止めるのが主人公(=プレイヤー)の「審神者(さにわ)」。
時間を遡る能力を持っているのは、長い「時間」と「持ち主の想い」によって生まれた、刀や槍の付喪神ともいうべき「刀剣男士」のみ。
(「男子」じゃなくて「男士」なのは、サムライであることの表現…なのかな?)

面白いのは刀剣男士たちはみんな、その刀剣の性質に加えて、元の持ち主の何かしらを受け継いで人間の姿になっていること。
例えば信長の愛刀だった「へし切長谷部」なんかだと、刀剣の持つ「信長が気に障った茶坊主を棚ごとまとめて押し斬った」という来歴よりも、「主君に忠実な第一のしもべ(愛刀)」としてのあり方を模した人格の男士だったり。
沖田総司の愛刀「大和守安定」などは、沖田の一番大事な舞台「池田屋」に連れて行ってもらえなかったのが心残りだったのか、沖田にそっくりな姿をっていたり。

共通しているのは、どの刀剣男士もみんな、何かしら持ち主に対する無念や心残りを抱えていて、それでもなお「歴史を守る任務に就いている」という点。 
土方歳三の愛刀「和泉守兼定」や「堀川国広」たちも、ゲーム序盤の函館でどれだけ苦しい思いをしたか。
その持ち主の生きた時代に戻ることができ、その流れを変える力を持ち、それでもなお歴史を変えぬため、土方を見殺しにすることを是とする彼ら。

実は敵勢力「歴史修正主義者」の尖兵も、当然といえば当然ですが「刀剣男士」です。
彼らは正しい歴史を守ることよりも、元の主人たちに生き延びて欲しい、幸せになって欲しい、という思いを選んだ男士。
(自身の欲望に飲まれたのか、正しい刀剣男士に比べてかなり醜い姿になっておりますが。)
これはこれで、彼らにとって決して否定しきれない選択なんだと思います。

いやもう、何だか上手い事まとめて言えないのがもどかしいのですが、「IF」の歴史ロマンに思いをはせたり、名だたる古来の名刀にわくわくしたことのある男の子には、絶対楽しい要素が満載なんですってば。
SF好きの人的には、設定の考証とかも面白いでしょうし、まだ刀剣男士になってないマイナーな名刀を引っ張り出してきて、自分ならこんな感じのキャラにする、とか妄想したりも面白いはず。

ですからほら、さあ早く。
ニコ動やAbemaで「活劇/刀剣乱舞」第一話を。
さあ早く。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

あおい そらの おとぎばなし。

どうも高崎ですよ。
…結局5月はさっぱり更新できませんでした…。

仕事が立て込んでたのもあるのですが、仕事の修羅場中にサブで使ってるノートPCがブッ壊れまして。
慌てて近所の中古屋でお手ごろなものを見繕って参りました。
特に考えもしないで購入した結果、何だか物凄くタイプがしづらいです。
メーカーが前と違う所為で、キーの位置が若干ずれてるからかもしれません。
エンターキー押そうとして、ずっと数字の「7」が出てきます。
気持ち悪い。
あとこの、何て言うの、カーソル動かすマウスの代わりの指でついーってするとこ、反応が無駄にピーキーだったりして、いらんところで押してしまうことが何度も。
おかげで今退治中のぴにゃこら仏、タッチミスで無駄な長期戦にもつれ込みましたとも。
まったくもう。

そう、今回はそんなお話。
グランブルーファンタジー始めました、というお話です。
艦これの次にハマるとしたら絶対FGOだろ、と思ってたんですがね。
私の携帯はいまだに「約束された敗北の電話(PHS)」。
…いやだって、普通に仕事してる分には、電話機能とメール機能以外、使わないでしょ。

なのでブラウザ版グラブルがリリースされた結果、そっちに飛びつくのはもはや必然でした。
…FGOは妹がガチハマりしてるから、横でちょこちょこ見てましたしね。
お話も大体知ってるから、敢えてよく知らないほうに、というのもあったかもしれません。

なので、登録自体はPC版リリース直後からしていたのですが。
当初はあんまり魅力がわかりませんでした。
正直、テキスト量がFGOの十分の一以下の分量で、物語の厚みが伝わりづらいし。
ゲームシステムが長い間の追加要素だらけで、何をどう育てたらいいやらさっぱりだし。
しばらくの間、放り出しておりました。

が。
仲間が増えるに従って。
(春の3周年記念でガチャをたくさん回せる機会があったのが大きいですね)
ああなるほど。
このゲームは、先に大きな目的地が確定していて、そこに向かって物語を構築する作品じゃなくて。
どこにあるかわからないイスタルシアへ向かう旅の道中の、出会った仲間たちとの思い出それ自体が、作品の主題なんだな、と気が付き。
それがわかってからは急速に、この作品にのめりこんでゆきました。
…いや、マジ楽しいよね、この旅。

前にもちょこっと書きましたが、私の騎空団は闇属性メンバーが中心の、「ちょっと打たれ弱いけど火力だけは抜群」騎空団です。
…ていうか、基本闇しか引かないんですもの。
フォルテさん、ヴィーラさん、バザラガさんの頼もしいことといったら。
一方他の属性はといえば、火はザルハメリナさんやラカムさんが揃っているものの。
土はカリオっさん、水はソシエさんと、風は(最近ようやく引きました)コルワさんそれぞれ一体ずつしか戦力がおりません。
SSRに拘らずSRの強い子たちを丁寧に育てて、とも思ってはいるのですが。
SRはSRで、やっぱり引きに偏りが激しく。
火と光ばっかり引き寄せる性質が出てしまっているようです。
…なんでしょう、このオカルト。

そんな中、やって参りましたシンデレラガールズコラボ。
出会いと絆の物語であるグラブル、イベントシナリオはいつも大好きで、私がやってなかった頃にも人気のあったイベントも、ちょいちょい復刻してくれるのが嬉しいですね。
ちょっと前のローアインたちのイベントは最高に笑ったし、先日のノイシュとスカーサハの物語は最高に綺麗で感動しました。
が、今回のデレマスコラボにおいての私の目的はちょっと違います。
ずばり、シンプルにSRキャラの戦力拡張がしたいのです。
噂には聞いておりました。
アイマスキャラは基本、配布のくせに異常に使える尖った性能の子たちばっかりだと。

…イベント開始から三日強が経過し、早速もうアーニャ、みりあ、美波、志希、美嘉、莉嘉、杏、かな子、小梅、愛梨の十人まで回収しております。
なるほど確かに。
火力自体はまあ強めなSRですが、スキルがみんな異常者ばっかり。
これは面白いです。
今後の私のパーティー編成にがんがん食い込んでくること間違いありません。
特に美波のサポート力とかな子の回復力、愛梨の火力は頼りになりそう。
みりあや小梅、志希の変則的なスキルは、何かのときに面白い活躍をしてくれそうでいいですね。
残りのメンバーも順調に回収できるかどうかはわかりませんが、水SR最強と名高い凛は、何とかして手に入れておきたいものです。

そんな感じで。
私も新米騎空士として、仕事の合間に日々空を飛び回っている次第。
メインストーリーのほうも、アニメで重厚かつ丁寧に描いてくれたおかげで、改めて感情移入もできるようになりましたし。
コラボキャラ以外の仲間たちも勿論、思い入れのあるキャラクターが増えて参りました。
Rだとローアインは別格として、イッパツさんやダエッタ、ロザミア。
SRではティナやラムレッダ、フェリ、バウタオーダなど。
性能云々以前にキャラの強さで使いたくなる仲間たちばかりです。

…まあでも。
次の同人誌は艦これなんですけどね。
(いや、そのうち描くんじゃないかと思うんですけどね、カリオストロ本とか)

放置が過ぎるぞ私。

どうも高崎ですよ。

…最終更新日、2/26って…。
知らないうちにもう四月じゃないですかやだー。
や、別に何かまた体調を壊してたとかじゃなくてですね、単純に忙しくて。
通常のお仕事に加えて、ちょっと他のジャンルからお仕事の話が出てたもので。
そのへんを並行してやっておりましたら、凄い勢いで時間を食われてしまいまして。

え?
その他ジャンルのお仕事ですか?
もちろん形にならずに頓挫致しましたよ。
…漫画屋は往々にして、お金にならないけど時間ばっか失う作業というものが多いのですよ…。

さて、そんなわけで浮気はおしまいにして、真面目に本職にいそしむ私の帰還です。
ブログも通常営業のペースに戻れる…といいですね(願望)。

さて。
久し振りの記事なので、通常営業感を出すためにも、最近のアニメとかの話でも致しましょうか。

冬アニメですと私は、ご多分にもれず「けものフレンズ」に夢中でした。
すごーい!
頭からっぽにして癒されるかと思いきや、どこか物悲しい雰囲気。
脆く壊れそうな、危うい楽しさ。
終盤への盛り上がりと期待が半端じゃなかった、近年稀に見る楽しみなアニメでしたね。
あ、単純にキャラクターの可愛さも魅力的でしたが。
個人的にはトキさんやツチノコさんが好きでした。
変人枠ですが。
皆さんはどのフレンズがお好きでしたでしょうか。

それから「小林さんちのメイドラゴン」。
いい話が多くて、疲れた頭には最高の癒しでした。
小林さん(♀)のいいお父さん感が好き。
娘(?)の運動会のために仕事を頑張る話とか、凄いほっこりしました。

あとは、アニメじゃないんですが、この時期ニコニコ生放送で毎日配信してた、「特捜戦隊デカレンジャー」は完璧に全話チェックしておりました。
主役の5人(+デカブレイク)ももちろん大好きなのですが、やはりこの作品といえば地獄の番犬デカマスターことドギー・クルーガー。
そしてラスボスというよりは「黒幕」というべきエージェント・アブレラ。
私にとっては、主役を食う存在感の二人あってこそのデカレンジャーだったなあ、と。

そして最後に、忘れてはなりません。
「ガンダム・鉄血のオルフェンズ」です。
終盤、ガエリオが名乗りを挙げたあたりから、私の中では「ガンダム・鉄面のアヴェンジャーズ」とかに改題されておりましたが。
あ、アヴェンジャー(復讐者)が複数形なのは、ガエリオ→マクギリスとマクギリス→世界、の二人の復讐者がいるからですね。

物語の主軸はマクギリスによる体制破壊。
SEEDのクルーゼに似た世界への憎悪が根幹にありますが、マッキーの場合、その破壊の先に自分と同じ「持たざるもの」が自由に生きられる世界を夢想していたんじゃないかと思われます。
だからこそ底辺から暴力だけを頼りにのし上がる鉄華団、そしてミカに親しみを感じたんでしょう。
その「力」に憧れ、それを欲して焦り、失敗したんでしょう。
マクギリスにもしも、苦境を共有する「友人」がいたなら…物語の結末は変わっていたのかもしれませんね。

そんな「友人」に本当の意味でなるために、逆説的に仮面の復讐者になったガエリオ。
「お前を理解しなくてはならない」
彼の復讐の正体はこの一言に尽きます。
どこまでも一人なマクギリスに対して、アインと力を合わせて立ち向かうガエリオはやはりどうしても「持つもの」。
このお話は結局、体制側の既得の力を持つものに、抵抗する持たざるものたちが、当たり前に敗れる物語でした。

起死回生の一手なんか、現実には存在しません。
積み上げてきた成果が、結果として大きな歴史の流れになります。
それだけのこと。

ただ。
その小さな抵抗が、爪跡が。
大きな大きな大河の流れを、ほんの少しだけ変えたんだ、という。
そういうお話だったのかな、と。
最終回を見終わって、私は感じました。

恐らくこれで「オルフェンズ」の物語はおしまいなのでしょうが、個人的にはもうちょっと色々、この鉄血世界の物語が見てみたいと思っております。
話に出てきただけの「厄祭戦」当時のこととか。
もしくは最終回より先の時代のお話とか。

…や、ただ単に形部さんデザインのガンダムが好き、というのもありますが。

以上、こんなところでしょうか。
春も色々面白そうなアニメが目白押しです。
今期も仕事の合間にチェックしてゆけたらいいですね。
それでは、今度はあまり放置せずに、近いうちに。

F・G・O!

どうも高崎ですよ。
またすっかり放置しておりました。
や、今回は体調不良じゃなくてただの放置です。
意外と色々しておりまして、手が回らなかったのですよ。
色々の詳細は後日にでもおいおいと。
あ、勿論普通にお仕事もしておりましたとも。

さて。
やっぱりヒッキー気味な生活では特にこれといって話題もないのですが。
年末からこっち、最近はすっかり「FGO」に夢中になっておりました。
…私自身は相変わらず古代のガラケーなもので、スマホゲーなんかには手が出ない身分なのですが、他人様に見せてもらったり妹が「狂化(EX)」で布教してくるので、プレイしてもいないのに大体の物語は体験できてしまいました・・・。
なんにもしてないのに、年末は一緒になって人理修復を成し遂げたような気分で、大いに楽しんでしまいました。
(いくら基本無料ゲームとはいえ申し訳ない気持ちになったので、取り合えずお布施として年末特番のDVDはポチりました)

もともとFateシリーズは大好きで、無印(PC)から始めてHollowやPS2番レアルタ・ヌア、ZeroやExtra、以下色々と、中程度の型月ファンとしてそれなりに嗜んで参りました。
そんな私にも充分に正統Fateとして楽しめ、かつ大きなお祭り騒ぎとなったのがFGO、FateGrandOrderでした。
…でした、って言ってしまうともう終わったかのようでアレですね。
これから1.5部が、そしていずれ第二部が始まるそうなので、ますます目が放せません。

あ、ちなみに我が妹もかなりのFateファン。
特にHeavensFeelのライダーが大好きなので、七章のメドゥーサ祭りには狂喜しておりました。
…いまだにゴルゴーンは引けてないようですが、彼女が引けないだけでここのところ槍王、エルキドゥ、孔明と立て続けに引き当ててるので、引きはかなりいいほうなのではないでしょうか。
うらやましい。
…なので、もうそろそろいい加減にして、スマホを持たないといけませんね、私も。

とはいえ。
今始めても、私の大好きな沖田さんやノッブなんかは限定サーヴァントだから会えないわけですよね。
円卓勢は大体常駐してるようですが、軒並みレアリティの高い面々なようで、恐らく会えないわけですよね。

うん、そうですね。
なにかと復刻の流れにスルーされがちな「ぐだぐだ本能寺」が復刻したら、そして沖田さんも一緒に復刻されたら。
私もスマホごとFGOを始めることに致しましょう。
(当分ないだろうな、という目算)

あけまして2017。

どうも高崎です。
あけましたね、知らないうちに。
2017年ですよ。
2020年の東京五輪とか、決まった頃は遥か未来のことだと思ってたのに、気付けばもう三年後ですよ。
…昭和の子供としては、随分遠くまで来てしまった気が致します。

さて。
そんなことより年末のC91、お疲れ様でした。
全体としては歴代三位の来場者数だったそうで、大変な賑わいだったんじゃないでしょうか。
こういう規模のイベントを(コミケに限らず、モーターショウとかも含めて)五輪開催関連で一年半もの間追い出してしまうとか、マジで経済的に大丈夫なんでしょうか。
りんかい線とか赤字でつぶれたりしません?
りんかい線とかゆりかもめは大丈夫だとしても、水上バスとか大丈夫なんでしょうか。
心配です。

そんな大きなお世話はともかく。
私はといえば、例によってお昼からの一般入場。
今回のコピー誌は、悪ふざけで女装ショタたちがお姉様にがんがん犯されるだけの漫画を提供致しました。
こんな馬鹿な漫画絶対余るから、赤にならないギリギリの小部数で、とお願いしておいたのが功を奏し、幸いにしてなんとかはけたようで。
ご購入して下さった皆様におかれましては、悪ふざけにお付き合い頂いて、ありがとうございます。

あとはずっとスケブやら色紙やら描いてて、気がついたら祭りは終わっておりました。
いつもの感じです。
…病み上がりに吹きっ晒しの屋外に長時間滞在した所為か、勿論帰宅後には熱を出しましたが。
それもいつもの感じですね。

そんな感じの、いつもと変わらぬ年末年始でしたとさ。
結局仕事したまんまの歳越しだったりしていつもどおりバタバタしておりますが。
いつも通りなのが一番幸せですね。

本年もどうか、高崎たけまるをよろしくお願い致します。
プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR