FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざわ・・・ざわ・・・

どうも高崎ですよ。
今月の告知というか何というか、特に私に何か得があるわけでもないんですが、まあそのお知らせ的なことを。

まずは夏コミについて。

落ちたようです。
以上。

…いやあ、今回は相方のゲルさんがはりきって「メイドインアビス」本描くんだ、と、そっちのジャンルで申し込んだそうなのですが…どうやら駄目だったようで。
私は私で、「じゃあせっかくだから何かオリジナル本でも描こうかな」とか思ってたのですが…ここ最近の家なき子状態ではそんな余裕もなさそうでしたし、まあしょうがないかな、と。
うん。
早めに引越ししたほうがいいかもしれませんね。

お知らせ二点目。
先の冬、近代麻雀誌上にて惜しまれながらもシリーズ最終回を迎えた「アカギ」。
そう、あの伝説の漫画です。
その最終巻の刊行に併せて、アカギ公式HPにて、竹書房さんにゆかりのある作家数百名が記念トリビュートイラストを制作しております。
その作家の中に何故か私も入っております。
大変恐縮かつ光栄なんですが、何故私が。
よくわかりませんが、ありがたいことです。
こちら、公式HPで常時閲覧できますし、公式のツイッターでもランダムで紹介していくとのこと。
最終巻発売の際には書店等でも告知用に使われるかも、とのことです。
よろしければご覧になってみて下さい。

や、ぶっちゃけ私のことより、あのアカギの最終巻です。
あの伝説の夜の行方です。
誌面であの最終回読んだ時、何だかわからない謎の涙が出たのを思い出します。
あれだけの死闘のエピローグが、逆にあんなにロマンチックに締まるのかと。

「アカギ」は私が学生の頃にはもう鷲巣編に入っていて、サークルのどなたかに勧められて一気に読んだのが最初でした。
オタク文化にもあんまり詳しくなかった当時、ああいう「大人の漫画」を目にして、「ああそうか、俺たち一生漫画と付き合っていっていいんだ」と、明確に自覚させられた作品でした。
正直、麻雀はルールはわかってるものの、ああいった駆け引きがさっぱり駄目な私は、実際にはほとんど打ったことがありません。
でも、そんなの全然関係なく魂を揺さぶる、「男の浪漫」と「美学」の漫画。
それこそきっと一生読んでいく漫画だと思っていました。

だから、もっと続きが読みたい、と思う気持ちはあります。
でも同じくらい、あの美しい最終回のアカギと鷲巣の言葉は、ここで終わるからこその余韻がある、とも思います。

その葛藤を抱えたまま、多分私はこの36冊を、一生何度も読み返すんでしょう。
その大事な36冊目です。
6月27日、皆様、忘れずに書店へ。


…って。
これ私の告知じゃありませんね。
別にいいですけど。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

今月の告知。

今月末売りの「Webばんがいち」さんにて、タイトルは「オトメゴコロとギャルと尻」。
「部屋とワイシャツと私」みたいな語感で(失礼)。

内容は、頭のあんまりよろしくない系ギャルの子が空回りするお話です。
世の中にあるギャルの子が活躍する漫画では、何故かギャルは気のいい処女、という設定が多い気がします。
「ツンデレ」がテンプレート化したのとおんなじ構図です。
なので意外性とかギャップという意味では、個性のある可愛いギャルって表現難しいかな、と思い、素直にお馬鹿でビッチな子を出してみました。

先日も申し上げましたが、ここ最近の作画作業は、騒音問題で家に居られず、漂流しながらの作業でした。
(ぶっちゃけ今も実家の物置からこの告知を書いております)
普段よりだいぶ大変でしたので、どうか温かい目で見て頂けると助かります。
…いや、別に作画怠けたとか、そういうことはないんですけれども。

今月の告知。

今月末売りのWebばんがいち(コアマガジン)さんにて、タイトルは「Sweet My Little Queen Reverse」。

前回のロリ女王さま漫画の続きですが、「リバース」なので色々意味がひっくり返っております。
主役は小さい子じゃなくて、そのお姉さんのほう。
プレイも女子が入れられるんじゃなくて逆に…。

さすがに最近は「…大丈夫ですかねコレ」と、しょっちゅう担当さんに確認しておりますが、担当さんもそろそろ麻痺してきて「大丈夫じゃないけど大丈夫です」とのパワーワードを発する始末。
そろそろ男の子が酷い目に遭わない漫画を描くべきですね。
バランスって大事。

そんな漫画ですが、よろしかったら是非。

告知です。

今月末売りの「月刊ビタマン」(竹書房)さんにて、タイトルは「るっく・あっと・みー!」です。

久々の竹さんでのお仕事です。
年末年始でレギュラー作家さんの穴が出たからじゃないかと思うんですが。
一般誌+紙媒体も久し振りなので、引き篭もりが挙動不審になりながらコンビニに出てきたような気分を味わっております。
コワイヨー。

内容としては、終電間際の深夜に通りかかった公園、出くわした痴女、あれ?どこかで見たような…?
というような導入で。
コメディー色強めの、明るく楽しい漫画を心がけました。
一般誌でいつものゴリッゴリのSMとか、さすがに駄目なので。
…というか何故か竹さんで描く私の漫画は、女子の知性が低くなりがちな気が…。

そんな感じです。
よかったらちょっと読んでみてくださいませ。
竹さんでの私の漫画もイイヨー、と思って頂けたら、是非アンケートに反映して頂けると幸いです。
竹さんの編集長は大変いい人なんですが、仕事も大変できる人なので、そういう結果にはシビアだと思うので。
いやマジでマジで。

そういえば出てたようです。

どうも高崎ですよ。
遅ればせながら告知致します。

電子書籍限定作品集
「麗しメイドは超ドS~お坊ちゃま、今日もいじめて差し上げますね~」
DMM様ほか電子書籍配信サイトにて、配信が開始しております。

…いや、確かに表紙は描いた記憶があるんですが、いつから配信するとかは、さっぱり聞いてなかったもので。
や、何かもう売ってるらしいので、気になった方は是非よろしくお願い致します。
↓こんな感じの表紙です。
c-comiccover
タイトルはコアさんの流通のほうの方の案、なのかな?
電子書籍だと変に凝った題じゃなくて、シンプルかつストレートに内容を表現したほうがいい、とのことでしたので、採用です。
…私あんまり電子書籍に詳しくないので、それが正解なのかどうかわかりませんが。

内容は、ここ最近連作でばんがいちさんに描かせてもらってた、ドSなメイドさんとお坊ちゃまのSMなラブコメ全4話と、番外編として描かせてもらった未亡人と若い軍人さんのSMものの、合計5本を収録したものになっております。

各収録作についての裏話等は、紙の単行本にまとまった頃に改めてお話いたしますが、大まかに言って大体「戦前の昭和初期あたりを舞台にしたSM」とだけご理解頂ければ。
もうちょいどんな感じかお知りになりたい方は、お手数ですがここのブログ左柱の「仕事」カテゴリを遡って見て頂ければと思います。
元々このあたりの時代の小説、江戸川乱歩を筆頭に谷崎やら芥川やら、もー本当に大好きな私ですので、いつか機会があればまたこんな雰囲気の漫画、描いてみたいところです。
今回収録の「未亡人の体温」で乱歩の「人間椅子」モチーフのネタが描けたので、今度は乱歩の通俗活劇ものモチーフとかも面白いかもしれません。
…さすがに商業ですとファンタジー寄りのネタは敬遠されがちですから、これ以上はなかなかできないとは思いますが。

こういう舞台の漫画もっと描け、という方も、こういう責めのSMもっと描け、という方も。
まあとにかくご購入頂けたらありがたいです。
プロフィール

高崎たけまる

Author:高崎たけまる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。